月別アーカイブ:2009年08月

2009年08月の記事一覧。自営業の不安定な収入と浪費家の夫に振り回される日々の記録。節税のため自分で青色申告をはじめて6年目。
no-image

2009-08-31月別生活費公開
スライド貯金の報告です。8月22日で7月分を締め切りました。私のスライド貯金は1日からスタートしているので、22日分締め切りを延長したことになります。先週から8月分の予算を使い始めたのですが、スライド貯金も後半になってくると、今月は何月?なんて、頭の中が混乱してしまうことも・・・(笑)。食費は何とか予算内だったのですが、先月分の赤字までは取り返せませんでした。仕方なく、赤字を繰越して、今月で挽回を試みます...

記事を読む

no-image

2009-08-20■ちょっとした日記
お葬式にかかる値段について、ニュースで平均180万円と紹介されていました。葬儀のみで、お坊さんやお寺にかかる費用は別だそうです。10年ほど前に母の兄と姉が相次いで亡くなったときは、自宅で葬儀を行いました。近所の方が、きんぴらや里芋の煮物を作って、お通夜はお酒や料理をふるまいます。まさに田舎のお葬式。葬儀では親族にもお金が色々かかります。セレモニー会社の指定で、お花や缶詰の盛り合わせなど、1~3万円のもの...

記事を読む

no-image

2009-08-18■ちょっとした日記
お盆前に、母方の祖母が85歳でなくなりました。実母が喪主だったので、実家に何度も帰ったりして、ブログやサイトの更新も遅れ気味ですみません。祖母は5年も入院しっぱなしでした。最後の1年はほぼ寝たきり。軽い痴呆の症状もありました。祖母には3人子供がいましたが、10年ほど前に長男と長女が他界していて、残ったのは次女である実母だけ。介護の負担はすべて実母にかかっていました。実母は母子家庭で私たち兄弟を育て、今も...

記事を読む

2009-08-10パート勤めした時のこと
先日、徹夜をする機会がありました。本当に久しぶり・・・出産後は授乳などで寝不足なこともありましたが、私はウトウトとよく寝ていましたし(笑)。徹夜をしたのはファミレスのパートを朝5時までしたためです。22時から翌1時まで3時間勤務なのですが、翌5時まで働いている同僚が体調不良。顔色がわるく見るからにしんどそうな同僚を見捨てることができず、勤務を交替して、朝5時まで働いてしまいました。深夜の時間帯はいつも暇...

記事を読む

スライド貯金2回目「7月」報告

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スライド貯金の報告です。
8月22日で7月分を締め切りました。


私のスライド貯金は1日からスタートしているので、
22日分締め切りを延長したことになります。


先週から8月分の予算を使い始めたのですが、
スライド貯金も後半になってくると、今月は何月?なんて、
頭の中が混乱してしまうことも・・・(笑)。


食費は何とか予算内だったのですが、
先月分の赤字までは取り返せませんでした。
仕方なく、赤字を繰越して、今月で挽回を試みます。


予算オーバーしたのは、予備費。
主にレジャー代に使います。
今回もお盆に出かけたときのお弁当代などを支出しました。


それから、祖母が亡くなったときに、
夕食の支度が間に合わないことがあり、
お弁当やファストフードに頼ってしまいました。
この費用が意外と大きくて・・・


結局予算オーバーです。


特にお葬式って予測ができないからね~。
予備費はできるだけとって置くようにすればいいだけなのですが、
なんだかんだで毎月使い切っているので・・・
全然「予備」になってないのです


とりあえず、日用品費が余ったので、予備費に補填して、
足りない分は翌月に赤字繰越です。


なんだか、食費や日用品費まで自転車操業になっています


わが家では慶弔用の費用は別に積立てています。
香典やお祝い代はここから支出します。
こういう突発的な出来事による外食やお弁当代って、
慶弔用の積立から支払ったほうがいいのかなぁ。
こういう費用もバカにならないですよね。


今回、祖母が亡くなったときには、
急いで病院に駆けつけたので、何にも準備ができませんでした。
いとこも同じだったみたいで、
高校生の息子に電話をしてお弁当を買うように頼んでいました。


こんなに大変なときなのに、
主婦になると家族のご飯の心配をしなければなりません。
病気で体がつらくても、無理して家事をする主婦が多いですよね。


中には、「オレに任せとけ!」と夕食をつくってくれる素敵な夫もいるようです。
雑誌やネットでは紹介されています。
でも、実生活の私の周りにはいませんね。残念ながら。


いとこが言うには、夫よりも子供のほうが役に立つそうです
夕食がお弁当でも文句は言わないし、
好きなものを買って良いよ~ってお金を渡すと喜んで買いに行ってくれるそう。
その日は牛丼を家族分、用意してくれたそうですよ。


私はといえば、夫に電話をすると夕食を食べずに自宅で待っているとのことだったので、
夫のご指定のロッテリアで絶妙バーガー等を買って帰りました。


旦那さまはバーガーを3つは食べるので1880円もかかってしまいました。
298円のスーパーの弁当で我慢してくれればいいのにね。


いろんな費目が赤字繰越ですが、なんとか7月分は終了です。
このペースなら、10月31日には、9月分の予算が締め切りを向かえ、
スライド貯金2回目が完了することになりま~す。


何を買おうかなぁ・・・。今から考えるのが楽しみです。


★スライド貯金の内容はメインサイトで公開しています。
  ↓↓↓
 スライド貯金2回目報告


ブログランキングに参加しています→自営業の主婦ランキング
家計管理・節約の参考にしています→ブログ村 家計管理・貯蓄・節約

メインサイトもよろしくね→DOROBUNE自営業妻の家計管理で安定生活

お葬式の値段

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
お葬式にかかる値段について、
ニュースで平均180万円と紹介されていました。
葬儀のみで、お坊さんやお寺にかかる費用は別だそうです。


10年ほど前に母の兄と姉が相次いで亡くなったときは、
自宅で葬儀を行いました。
近所の方が、きんぴらや里芋の煮物を作って、
お通夜はお酒や料理をふるまいます。


まさに田舎のお葬式。
葬儀では親族にもお金が色々かかります。
セレモニー会社の指定で、お花や缶詰の盛り合わせなど、
1~3万円のものを次々と購入してお供えしました。


葬儀の後も、49日までは色々な行事があり、
親族も族も近所の方も忙しい中、参加しなければなりません。


今回、祖母がなくなり、今までのような葬儀は行わないことにしました。
経済的な事情から、伝統的な葬儀ができなかったのもありますし、
5年も入院していて、近所つきあいもできなかったので・・・


ごく近い親族だけで、家族葬を行いました。
豪華な祭壇もなし。
親族が15名ほど集まりました。
式のメインは皆で棺にお花を上げること。


隣のホールではお花で彩られた大きな祭壇があり、
弔問客が沢山のお葬式が執り行われていました。


実母は、そちらの様子が気になるらしく・・・
祖母を家族葬で送ることに罪悪感があるみたい。


私は、家族葬っていいなぁと感じていました。
皆さん、予定の時間より早く来てくれる方が多くて、
式の時間までいろんな思い出話をする時間が持てました。


会場はセレモニーホールの別館で、
和室とキッチンがある、集会所みたいな小さな場所。
皆さん、何度も祖母の顔を見てくれて、
お線香が絶えないように気を使ってくれて・・・


長男(母の兄)のお嫁さんと
祖母が一番かわいがっていた内孫もきてくれました。
長男が亡くなってからはずっと交流もなかったので、
来てくれるかどうか心配していたのです。


私は、家族葬で祖母も喜んでくれたと信じたいなぁ。


ちなみにかかった費用ですが30万円ほどでした。
病院からセレモニーホールへの搬送費用。
斎場の費用などを含めてです。


そして、母と私が頭を悩ませているのが、
お寺関係の費用。
これがいくらかかるのが心配で心配で・・・


セレモニー会社の方が色々と教えてくれたのですが、
祖母が入る予定のお墓があるお寺は、
ディスカウントには一切応じないらしいです。


ディスカウント・・・って何?って感じですが(苦笑)
母は「うちはお金がないから」とお願いして、
最小限でやってもらうように頼んであるし、
またもう一度頼んでみるといっています。


田舎の狭い地域の方だけを対象としたお寺なので、
そうそう値引きはできなさそうだなぁと私は思っています。
お坊さんにも生活があるし、
他の檀家の方にも影響があるしね。
自営業的な考え方かしら。


それにしても、キチンと請求書がくるわけではないのが難しいところ。
過去に、渡したお布施が相場より少なかったらしく、
何となくいや~な態度を取られたことがある母は、
お寺との交渉には神経をすり減らしています。


実家に帰ると、お寺の話や、
墓石の裏に入れる文字はいくらかかるとか、
お金の話ばかりです。


そんな母に対して、弟が言った一言。
「坊主丸儲けって言うじゃん」ですって。


母はそれを聞いて妙に納得していました。


お坊さんはお経を唱えるだけでお布施がもらえるから、
利益率がいいという例えでしょ。
弟よ!母の心配とはチョッとヅレているような・・・。
姉である私は黙っておきましたが。


利益率といえば、
家族葬だとセレモニー会社の利益率はとても低そうです。


こんなときに、利益率を考えてしまうとは、
自営業の妻になったからかしら。


セレモニー会社の方はとても親切に対応してくれましたし、
馴れない私たちのいろんなことを教えてくれました。


こんな田舎でも家族葬や密葬は増えているそうです。
いろんな葬儀に対応できるように、
私たちが借りた小さな別館も用意しているそう。


不景気ということもあるけど、
家族としてどうやって送り出したいかという価値観も
さまざまになっているのでしょうね。



ブログランキングに参加しています→自営業の主婦ランキング
家計管理・節約の参考にしています→ブログ村 家計管理・貯蓄・節約

メインサイトもよろしくね→DOROBUNE自営業妻の家計管理で安定生活
















老後ことや介護のこと・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
お盆前に、母方の祖母が85歳でなくなりました。
実母が喪主だったので、実家に何度も帰ったりして、
ブログやサイトの更新も遅れ気味ですみません。


祖母は5年も入院しっぱなしでした。
最後の1年はほぼ寝たきり。
軽い痴呆の症状もありました。


祖母には3人子供がいましたが、
10年ほど前に長男と長女が他界していて、
残ったのは次女である実母だけ。


介護の負担はすべて実母にかかっていました。
実母は母子家庭で私たち兄弟を育て、
今もフルタイムでパートをしていますが、
経済的には余裕がありません。


私も正社員で働いていた頃は、
実母に経済的な援助ができましたが、
子供が産まれてからは、
自分の生活に追われてばかり。


祖母は一人暮らしでしたし、
介護をする母にも経済力ないので、
なんとか公的援助が受けられないものかと、
奔走したことがあります。


年金額があと5000円少なければ、
生活保護が受けられます。


とか・・・


もう少し受け答えがボケてくれば要介護になるので、
ヘルパーさんを頼めるけど・・・


といった内容ばかり。


結局祖母が受けられた公的援助は、
毎月紙おむつ1パック支給と、
病院の食事に対する補助(1食につき100円)だけでした。


町役場に申請に行く際に、私は母に同行しました。
思ったような援助が受けられずがっかりしている私に対して、
「あなた(私のこと)が経済的に援助をすればいいのでは」
と言われたことがあります。
今までも援助をしてきたけど、それだけではどうにもならないから
こうして相談をしにきたのに。


昔のように3世代が同居をしている家族なら、
孫が祖母に経済的な援助をするのは当然だったかもしれません。
現在ではそれぞれの家族があり、
みな自分の生活でいっぱいいっぱいです。


当時、私は子供ができる前だったので、
国がそんな風に言うのなら、
「私は子供なんて作れない。少子化だっていうのも当然ね。」
と憤慨したものでした。


途中、祖母は何度も病院を追い出されそうになりましたが、
廊下で転んで骨折したり、腎臓透析を受けることになったりと、
病名が何度も変わったので、入院を継続することができました。


特に、腎臓透析を受け始めてからは、
病院への支払いがとても楽になったそうです。


医療保険の制度が絡んでいるようです。
他の病院に転院してほしいといわれることもなくなり、
祖母の年金と母のパート収入でなんとかやっていけるようになりました。


腎臓透析は一日おきに長時間かかるし、
祖母の負担も大きいと思います。
でも、おかげで病院への支払いが安くなり、
経済的には助かる結果に。
家族としては皮肉な状況です。


家族の介護の負担は同じなのに、
病名によってこんなにも差があるのだなぁと実感です。


自営業で国保を払いながら、
なんだかこの保険制度はおかしいといつも思っていました。
世帯割とか固定資産割とか課税方式も分かりにくいし。
なにより、所得税や住民税に比べてとっても負担が思い。
毎年、30万とか40万とかいう請求額をみてクラクラしてますから。


母が85歳になったときには、私は65歳。
私は母を介護できるのだろうかと心配になります。
経済的にも肉体的にも。


自分の老後を考えても、
子供に大きな負担をかけたくはありません。


祖母の介護を通じて、
なんだか先の見えない自分の老後がとても心配になったのでした。



ブログランキングに参加しています→自営業の主婦ランキング
家計管理・節約の参考にしています→ブログ村 家計管理・貯蓄・節約

メインサイトもよろしくね→DOROBUNE自営業妻の家計管理で安定生活






久しぶりの徹夜

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
先日、徹夜をする機会がありました。
本当に久しぶり・・・


出産後は授乳などで寝不足なこともありましたが、
私はウトウトとよく寝ていましたし(笑)。


徹夜をしたのはファミレスのパートを朝5時までしたためです。
22時から翌1時まで3時間勤務なのですが、
翌5時まで働いている同僚が体調不良。


顔色がわるく見るからにしんどそうな同僚を見捨てることができず、
勤務を交替して、朝5時まで働いてしまいました。


深夜の時間帯はいつも暇らしいのですが、
その日はなぜだか大盛況


お酒を飲むグループが3組も入ってしまい、
ひたすら生ビールとチューハイのジョッキを運ぶことに・・・


おかげで、あっという間に朝の5時になってしまい、
無事に代役を果たすことができました。


このファミレスでは出勤すると体調チェックをします。
自分でスケジュールボードに○をつけるだけですけど。
食べ物を扱うわけだから、体調が悪い人が働いていてはまずいはず。


実際は、体調が悪くても交替してくれる人がいなければ、
みんな無理をして働いているのが実情です。
体調チェックをしているなんて表向きなんですねぇ。


私も7月初旬に熱を出したときに、
1日は何とか代わりの人を見つけて休みましたが、
2日目は体調が悪い中、働いてしまいました。


代わりの人を見つけるのも一苦労。
店長なり、責任者の方に電話をして休みをもらうのが普通だと思うのですが、
ここでは、自分で代わりの人を見つけなければいけません。


体調の悪い中、同僚に電話をかけたり交渉するのは大変でした。
ダブルワークをしている方ばかりだから、
仕事中で携帯もつながらないし。


私の場合、夜の勤務は2人体勢だから安心ですが、
早朝の勤務は1人体勢なので、
突然休んだらどうなってしまうのだろうと心配です。


ここで、いろんなことを考えてしまいました。
24時間営業で、価格も安いファミレスなので、
どうしても人件費にしわ寄せがきます。


深夜から早朝の時間帯は1人勤務。
(正確には厨房に1人、客席に1人で計2人ですけど)
パートやバイトばかりで、正社員は店長一人。
店長は車で1時間以上かかるところに済んでいて、
基本的にサラリーマンなので店長でも特別な責任感はない様子(笑)。


もし、通勤途中に事故にあったりしたら、
どうなるのかなぁと同僚同士でよく心配しています。


夏休みに入ったので高校生や大学生は稼ぎ時。
けれど、このファミレスではシフト通りにしか働けません。
夏休みだからもっと働きたいとかの融通がきかないのよね・・・。


私が学生の頃は、夏休みはめいいっぱいバイトをしました。
たくさん働きたいといえば、シフトも入れてもらえたし、
テストの時などは休みをもらえました。


バブルのはじけた後だったから、景気は悪くなっていたはずですが、
それでも今よりはずっと働きやすかったなぁ。


不況が長く続いて、絞りに絞った結果が今なのよね。
企業も家庭も節約し尽くした!といった感じかしら。


確かに、いろんなものの価格が安くなったけど、
そのしわ寄せは確実に自分の所に回ってきていますよね。


よく浪費家の旦那さまが「金は天下のまわりもの」って言うけど、
節約だけでは先細りなのかなぁと心配になることも。


かといって、旦那さまの浪費を見逃すわけには行かないのですが、
うちは自営業なので、先行投資が必要なこともこれから出てくるかも知れません。
私はいつも守りに入ったお金の使い方なので、
いいタイミングでお金を使うことも勉強しないといけないなぁと思ってしまいます。


パートで徹夜をして、
なんだかいろんなことを考えた一日でした。


ランキングに参加中です。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
ranking


自営業妻のお仲間が増えるとうれしいな。コメント・リンク大歓迎です。

メインサイト→DOROBUNE自営業妻の家計管理で安定生活
家計管理・貯金・投資・節税等を紹介する自営業家庭応援サイトです。




Copyright © 旦那様は自営業 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます