月別アーカイブ:2011年10月

2011年10月の記事一覧。自営業の不安定な収入と浪費家の夫に振り回される日々の記録。節税のため自分で青色申告をはじめて6年目。
no-image

2011-10-31夫婦ゲンカの記録
現在、地味~に夫とケンカ中。大きく言い争ったわけではないけど、会話が激減。最低限のみ。原因は車。ここ2週間、夫が車がほしいと大騒ぎ。大きなワンボックスのファミリーカーがほしいらしい。半分を信用金庫で借りて、もう半分をディーラーローンを組めば買えるらしいですよ。審査に通ってしまったらしい。私にとっては現実味のない話です。月の支払いが7万円。5年たっても、信用金庫のローンは残るから、すべてが終わるのは8年...

記事を読む

no-image

2011-10-26行事・イベント
子育てに褒めることを意識して取り入れた結果、すぐに効果が現れました。あまりにも早い反応に、子供の素直さに驚きを感じ、反面、怖さを感じてしまいました。10ヶ月になったメイが、つかまり立ちから手を離して、一人で立っていたときのこと。「メイちゃん。すごいね。一人で立てたね。」とウリが妹を褒めていました。私がウリを褒めると、ウリはメイを褒めるんですね。褒め言葉の連鎖はステキ(*^ワ^*) このウリの言葉に感動...

記事を読む

no-image

2011-10-24夫婦ゲンカの記録
夫の毒舌も、「憎まれ口をたたくのも愛情表現」といつもは聞き流せる私。私に気を許している証拠のような気もするし、大切にされていない気持ちになることもあるし…判断は難しいけど。前回のブログで紹介して夫の毒舌が、なんでいつもよりカチンときたのだろうと、心のもやもやを追及してみました。そして、わかりました。義母にも同じようなことを言われた嫌な記憶とリンクしたからだって。義母が買ってくれたウリの洋服。●まむら...

記事を読む

no-image

2011-10-20夫婦ゲンカの記録
昨日予告していた、夫から私へのチクチク攻撃。まとめて紹介させていただきます。まあ、夫婦ゲンカは犬も食わないといいますが、周囲から見たらくだらない内容なんですけどね。1つなら受け流せるくらいの内容。でも、今回はイライラしていたところに、1つ2つ3つと重なったから、爆発寸前。夫の発言は、チョッととげがあるのよね。一時期KY(空気読めない)という表現がはやりましたけど、KYというよりは頭の回転が速くて、いら...

記事を読む

no-image

2011-10-19夫のこといろいろ
先週は旦那さまが体調不良。2日間38~39度の発熱です。子供の発熱はいつものことですが、夫が高熱を出すのは3年ぶり。今にも死にそうな騒ぎになるので、本当に面倒くさい…ヾ(´Д`;●) ォィォィずっと寝室で寝ていてくれればいいのに、何度もリビングにやってきて、熱を計ります。わが家はリビングにパソコンがあるのですが、夫がうろうろするせいで、パソコンタイムを楽しむことが出来ませんでした。熱があって食欲がないのも大変。...

記事を読む

no-image

2011-10-11■ちょっとした日記
3連休が終わりました。旦那さまは土曜日が仕事だったので、2連休。家族で買い物に出かけて、帰り道、から揚げ専門店でテイクアウトしました。お昼用です。夫が二種類の味を食べ比べたいというので、から揚げ(小)300円と塩から揚げ(中)500円を注文。アルバイトの店員(学生風)が愛想がなくて、何分かかりますとも、どこでお待ちくださいともいってくれないの。仕方なく、座敷の端に腰掛けて待つこと20分。やっと出てきました...

記事を読む

no-image

2011-10-06写真・プリント
デジカメ写真のプリントってどうしてますか?私は今までは、200枚くらいまとめてネットプリントを注文していました。200枚たまるには半年~1年くらい。たまるまでは、パソコンの中で保存です。...

記事を読む

2011-10-03行事・イベント
写真は、先月のとある日のお昼ご飯。メイが発熱をしたので病院へ。おそらく突発性発疹でしょうということで、座薬だけもらって終了。12時を過ぎてしまって、お腹もぺこぺこだったので、お寿司をテイクアウトしちゃいました。500円の三色丼。ネギトロ・甘エビ・イカでした。スーパーのお惣菜コーナーのお寿司よりも断然美味しいの。月替わりで三色丼の内容が変わるので、月1回の楽しみにしています。うちの夫は魚介類が苦手なので...

記事を読む

スポンサーサイト

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

この1週間が勝負。夫との戦い。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
現在、地味~に夫とケンカ中。


大きく言い争ったわけではないけど、会話が激減。最低限のみ。



原因は車。



ここ2週間、夫が車がほしいと大騒ぎ。
大きなワンボックスのファミリーカーがほしいらしい。



半分を信用金庫で借りて、
もう半分をディーラーローンを組めば買えるらしいですよ。



審査に通ってしまったらしい。
私にとっては現実味のない話です。



月の支払いが7万円。
5年たっても、信用金庫のローンは残るから、すべてが終わるのは8年後。



車かって、いつ乗るのかっていったら、月4回。
日曜日だけ。
普段は軽トラックだからね。夫は。



遠出をするのは年数回。


その車、要りますか?



そんな車に、月7万。



どう考えてもありえない。ム━━━[○・`Д´・○]━━━ヵ



支払いが滞ったら、ブラックリスト入り。
車は取り上げられ、ローンだけが残るのよ。
車のローンって結構シビア。
所有権がつくからね。
もとディーラー勤めの経験がある私には、
フルローンの怖さが分かります。


下取りの値段なんて、クソみたいなもの(口が悪くてすみません)


本当に、ローンだけが残るのです。
大変だったら売ればいいという世界ではないのです。


夫の未来は、私たち家族の未来。


考えただけでも、恐ろしい。


夫はもう車がほしくてほしくて背中に羽が生えたように、
ふわふわしています。


私が何を言っても聞く耳持っていないのだろうなぁ。



夫がほしい車。
今頼まないと、来年3月に間に合わないらしい。
3月までに買わないと特別減税にならないんだって。


ディーラーも売り上手だよね。
夫はすぐに乗せられちゃう。
でもさぁ、その特別減税の金額とローンの金利を比べてごらん?
夢なんて覚めちゃうけどね。私なら。



気持ちとしてはもう、


「離婚してやる~」くらいの勢いなんだけど、
車ごときで子供たちの運命をかえるわけにはいかないわ。



11月6日までに結論を出してディーラーに返事をするらしいです。
この1週間が勝負です。わが家の一大事です。



ブログで紹介したい記事が貯まっていたけど、
私にとっては大事件なので、
こちらに注力したいと思います。



とりあえず、もし説得に応じなそうなら、
私は実家に帰ろうと思っています。



でも、これは最後の手段。



過去2回、実家に帰ったことがありましたが、
どちらも電話もなければ、お迎えもなし。
私が気持ちを落ち着かせてから、黙って戻りました。



きっと今回も同じ。
実家に帰っても何も変わらない。


ならば、踏ん張って、旦那さまと話し合いをするのみ。


感情的にならず、淡々と訴えるのみです。
私ね。すぐに涙が出ちゃうのよ~ (ノД`)・゜・。


キチンと説明できるように、
自分の言いたいことを文章にして準備しました。
口で言えなそうなら、お手紙にしようと思います。


(*´Д`)=3ハァ・・・


とりあえず、説得がんばります。
スポンサーサイト

褒める&励ます育児にはすぐに効果が!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
子育てに褒めることを意識して取り入れた結果、
すぐに効果が現れました。


あまりにも早い反応に、
子供の素直さに驚きを感じ、
反面、怖さを感じてしまいました。


10ヶ月になったメイが、つかまり立ちから手を離して、
一人で立っていたときのこと。


「メイちゃん。すごいね。一人で立てたね。」と
ウリが妹を褒めていました。


私がウリを褒めると、ウリはメイを褒めるんですね。
褒め言葉の連鎖はステキ(*^ワ^*)



このウリの言葉に感動したのにはわけがあります。
ちょっと自分の言動に反省した出来事がその前にあったのです。



つかまり立ちをはじめたメイが、
テーブルにアゴを打って泣いていた時のウリの発言。


「だから危ないって言ったでしょ。
 自分が悪いんだよ!」


まだ赤ちゃんのメイに向かって何を言うの?!って思ったけど、
よく考えたら、いつも私がウリに言っている言葉でしたヾ(´Д`;●) ォィォィ


「大丈夫?けがはしなかった?」っ声をかけてあげられる
やさしいお兄ちゃんになってもらいたいので、
私もこの言葉をウリに言うのを辞めなければいけませんね。


子供を褒めるというのは、私の場合、意識しないと難しい。
ガミガミ怒らないようにして、
褒める+励ますことを大切にしています。


ついつい「早く早く」とせかしてしまうのも、
出来るだけガマン。


怒ることも必要なことがあるので、メリハリが大切かなぁっと。


***


先月だったかな?
夫が義父母に小言を言われてきました。



ウリがかなりわがままを言って、
義父母におもちゃをねだったらしいのです。
ウリはおもちゃを買ってもらって大喜びでしたが、
夫は義父母からお叱りというか小言を言われたみたいで…



ウリがお店でわがままを言っておもちゃを買ってほしいという姿が、
夫が幼い頃とソックリだったんですって フゥ(o´Å`)=з



ウリは頑固なところがあるので、
義父母も手を焼いているみたい。


私はウリがわがまま言っても絶対に買ってあげないからね~。
ウリは義父母相手に相当粘ったらしいですよ。


外見もパパ似だけれど、中身も似てるって義父母は心配しているようで、
ウリが怒られるのではなく、夫が怒られてきました。


ちょっといい気味だわ~って鬼嫁発言かしら?
夫も自分の今までの言動を振り返って、
反省するところがあったみたいですわ。( ̄ー ̄)ニヤリッ


義父母は夫にソックリだと思っているようですが、
ウリが頑固なところは実は私に似ているんです



2人で口げんかをしていると、
何でこんなに似ているんだぁっていつもママは感じておりました。


パパのせいになっているのは嫁としてはいいことです。
夫にもこのことは内緒にしておこう!


批判好き&毒舌は遺伝かしら

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
夫の毒舌も、
「憎まれ口をたたくのも愛情表現」といつもは聞き流せる私。
私に気を許している証拠のような気もするし、
大切にされていない気持ちになることもあるし…判断は難しいけど。


前回のブログで紹介して夫の毒舌が、
なんでいつもよりカチンときたのだろうと、
心のもやもやを追及してみました。


そして、わかりました。
義母にも同じようなことを言われた嫌な記憶とリンクしたからだって。


義母が買ってくれたウリの洋服。
●まむらや●ンキの特売品だから、
すぐに首やすそが伸びてしまって…


でも、義母が買ってくれたものだし、
私は子供服は最低限の枚数でOKという主義なので、
ウリにはよく着せていました。


そこで言われたのが、
「私が買ってあげた服ばかり着せて。子供には何も買ってあげないのね。」
でした。



実はこの発言には
「コレだから貧乏人の娘は…」と大暴言が続きます。
2009年秋の嫁姑バトルについても説明が必要に。
この話をはじめると長くなるので、省略しますね。



嫁姑問題というのは奥が深い!
私が義母に買ってもらった子供服を
趣味にあわないからとウリに着せなかったとしたら…
きっと義母は小言を言うでしょう。


もし、私が子供服をたくさん買って、
毎日、かわいい服ばかりウリに着せていたら…
きっと贅沢のしすぎだと義母は小言を言うでしょう。


そう思って、義母の発言は気にしないことにしていたのですが、
そこに夫の似た様な趣旨の発言。


ずっと一緒に暮らしてきただけあって、価値観が似ているんでしょうね。
確かに夫も首周りが少し伸びただけで、洋服を捨ててしまいます。
私は仕事着なのだから、もっと着た方がいいと思うのに。
(仕事着はセメントがついたり、油がついたり、汚れるので)


子供服も、ウリは元気いっぱいの男の子だから、
汚すし破くし、私なら首周りの伸びは気にしないかなぁ。


この辺の価値観が違うんでしょうね。
義母は無視できるけど、夫とは価値観のすりあわせが必要かも。


似ているといえば、義母も相当な批判好きなんです。
義父にもいっつも文句を言っているし。
文句は言っているけど、家事全般は義母がやっているので、
夫のお世話はよくしているいい妻なんですけど。


義母の毒舌にはずいぶん私も泣かされました(_ _|||)


通常の嫁イビリと違うところは、
嫁も息子(夫)も娘(義姉)も夫(義父)もすべて毒舌の餌食になる点。


そのせいか、夫は義母には必要最小限のことしか話しません。
男の人ってそんなもんなのかなぁと思っていたけど、
どうも義母にも原因があるということかしら。


夫は私に対して、
「おかんには余計なことは話すな」といいます。


私と実母はいろんなことを話すので、
義父母ともたくさん話したほうが分かり合えると思っていたのに。


その夫のアドバイスが身にしみたのが例の2009年秋の嫁姑バトルのとき。
今まで私が義母と話したことが、曲解されて見事に毒舌となって
私に襲い掛かってきました。


義母とたくさん話しをしてしまったことによって、
毒舌のネタを与えてしまったみたいですヾ(´Д`;●) ォィォィ


義父は私にポソっとつぶやきました。
「夫婦が仲良くやっていくには、どちらかが馬鹿になるしかない」って。


義父はおとなしいだけの人だと思っていたけど、
なかなか奥の深い方なのかもしれません。


馬鹿な振りして気づかない振りして、
自分への批判を受け流しているのかしら。


私は、実母に褒められて育ちました。
そのことに気づいたのはつい最近。


夫や義母に批判ばかりされるようになって、
初めて自分が褒められて育ったことに気づきました。


うちの母、貯金は出来ないし、ギャンブルするし、
男遊びはするし、微妙な母なんですけど、
子供を褒める才能はすばらしいと思います。


私は学生時代は優等生タイプだったし、
社会人になってからも、仕事を評価をされたしね。
もちろん、理不尽なこともあったけど、
お給料やボーナスをいただくとやりがいも感じました。


結婚して5年、仕事をやめて3年。
ずっと家にいる生活で、褒められる事が激減。
そして、義母と夫の批判にされされる毎日。



正直、ツライです。



批判をされることによって、気づいたり改善できたりすることもあるけど…


やっぱり褒められる方がうれしいよね。
うんうん。やっぱり褒められたい。



毎日の生活でそう実感したので、
ウリの子育てに生かすことにしました。


ついでに、夫に対しても。


まあ、かなりしゃくなんですけど、
夫はずっと批判されて育ったわけだから、
私ぐらい褒めてやろうかなぁって。


でも、恥ずかしいし、言いにくいので、
子供に向かって「パパってすごいねぇ」って言って、
間接的に褒めています。


ウリとメイには
批判好き&毒舌が遺伝しませんように~。


心の中で批判したり思ったりするのはいいのよ。
でもね、発言するときには、
相手の気持ちを考えないとね。
そう、自分にも言い聞かせていま~す。

夫の毒舌ぶりを紹介

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
昨日予告していた、夫から私へのチクチク攻撃。


まとめて紹介させていただきます。


まあ、夫婦ゲンカは犬も食わないといいますが、
周囲から見たらくだらない内容なんですけどね。


1つなら受け流せるくらいの内容。
でも、今回はイライラしていたところに、
1つ2つ3つと重なったから、爆発寸前。


夫の発言は、チョッととげがあるのよね。
一時期KY(空気読めない)という表現がはやりましたけど、
KYというよりは頭の回転が速くて、いらない一言を付け足してしまうタイプです。


夫は勉強嫌いで、分数や四字熟語が苦手なのに、
こういった日常会話や夫婦ゲンカの際には、
頭の回転の速さを見せ付けてくれます。
私も立派に毒舌ですね(*´ノ∀`)オホホホホ…


では一つ目の紹介。


ウリは毎週日曜日に隣の義父母の家に遊びに行きます。
朝10時に出かけたら、夕方6時まで帰ってきません。


そこで夫が私に一言。


「ママは片手間にしか遊んでくれないけど、
ジジババはマンツーマンで真剣に遊んでくれるからだ。」


ですって。
確かにその通り。
でも、自分のことは棚に上げて私だけが悪いことになっているのが気に入らない。


夫が私の育児をしているところを見ているのは、
夫が帰宅する夕方6時頃から、子供たちを寝かしつける9時までの3時間。
この3時間って、主婦の方なら分かるはず。


夕飯を作って、片つけて、お風呂に入って…


家事の片手間にしか子供の相手なんて出来ません。
私がマンツーマンで子供と遊んでいたら、
夕食が食べられないのですが、それでもいいのかしら。


日曜日に子供と遊ぶのはパパの役割では?
パパとの遊びよりもジジババと遊んだほうが面白いということ。


ママが片手間にしか遊んでいないと、私を攻める前に、
自分の反省をしたほうがよろしいかと思います。


私はウリがジジババのところに行くのは賛成なんです。
特に義父はとても喜んでくれるし、
この先が短いことを考えると(失礼な嫁ですみません)特に。


「ウリはじいちゃんのことが大好きだから一日中遊びにいってるんだね。」
という感想で十分。


何も「ママは片手間にしか遊んでくれない」なんて
余計な一言を付け足すなヽ(`Д´)ノウガー!!



次に、二つ目。


週末に子供たちを含めて、お友達のうちで飲み会があったの。
そこで出された「モツ煮」がとても美味しかったらしくて。


次の日から「モツ煮が食べたい」と夫が言うもんだから、
お友達に作り方を教わって作ったのね。


それなのに。
「後味が苦い」ってずっと連呼されました。


食べている間中、「なんだこの苦味は?」って、
一口食べる食べに言い続けるの。


夫は分析好きなところがあって、
私を攻めるというよりは、この苦味の原因を追究したいみたいなんだけど。


言われるたびに私は凹み、ついには怒りがフツフツと…
もちろん、まったく同じに作れると思わなかったけどさ。
食べたいといったものを、妻がすぐに作ってくれたというのに。
その仕打ちですか?



もうね、うちの夫の味覚って私よりも鋭いの。
苦いって言われても、私にはまったく分からなかったのね。
しょうがをたくさん入れたから、チョッと辛い感じはしたけど、
苦味は感じないのよ。


自分には分からない味覚で、ずっと攻められて続けて、
もう二度とモツ煮なんて作るものか~!ヽ(`Д´)ノウガー!!



ついでに3つめ。


これは昨日の夜の話。
昨日のブログの時点では、上記の2つの出来事を紹介するつもりでしたが、
やっぱりカチンとくることを昨日も言われちゃいました。



ウリの保育園のママ友からメイに洋服のお古をたくさんいただいたのね。


せっかくのご好意なので、ありがたくいただいて、
着るものと着ないものを仕分けしていました。


お古ですから、いいものも悪いものも混ざっているものです。
中には旦那さまにとってはゴミだろうと思うものも…


そこで、夫の余計な一言。


「お前がいつもメイに適当な格好をさせているから、
程度の悪いお古をもらうんだ」


ですって。


確かにこの夏は、
メイにはお古の男の子の服も着せてしまいました。


赤ちゃんの頃って、男も女も関係ないし、
清潔で着心地のいいものなら、
お古でも男の子ぽくっても私は気にしません。


お出かけ用は別に用意していたしね。
普段はお古でも十分です。


そんなにかわいい洋服を着せたいのならば、
十分な予算をいただきたいものですわ。


***


というわけで、3つ紹介しました。
くだらないでしょ~。


うちはね、結構、夫婦の会話が多いほうだと思います。
夫の帰宅も早いし、会社員みたいに疲れてないし。


ウリが保育園で転んだとか、メイがたくさん昼寝したとか、
日常のたわいのないことでも、喜んで聞いてくれるのね。


だから、ついついいろんなことを話してしまうのですが、
こうやって、最後に余計な一言がついてくると、
もう話すのを辞めてしまいたい気持ちになることも。


問題なのは、夫は私に対して、
「ギャフンといわせてやろう」という悪意がないということ。
ごく自然に、当たり前のように、私がカチンということを言うわけです。



夫婦バトルの時にはもっとひどいことを言われますから。
今日、紹介したくらいのことは、傷つけようという意図はないはず。
たぶんね。



夫婦でも気遣いや思いやりは大切ですよね~。



一つ一つは小さなことでも、
積もり積もると大きなストレスになります。



たぶん、夫は批判することが普通になっているんだと思います。
批判するのは簡単だけど、感謝したり褒めるのって難しいですよね。
私だって文句ならいくらでも言えちゃうし。



色々考えることがあって、
昨日はたくさんウリを褒めてみました。
叱るのって簡単だけど、意識しないと褒めるのは大変。


でも、子供相手だから、何でもないことでも気軽に褒められちゃう。
「ご飯いっぱい食べられたね~」とか(笑)。



子供相手に褒めたり、感謝したりする練習をしようっと。
自分がされていやなことは、相手にはしないこと。



本当は、夫に仕返しをしてギャフンと言わせてやりたいけどさ。
がまん、がまん。Σ( ̄ロ ̄lll)







夫の発熱は毒だし?(デトックス)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
先週は旦那さまが体調不良。
2日間38~39度の発熱です。


子供の発熱はいつものことですが、
夫が高熱を出すのは3年ぶり。


今にも死にそうな騒ぎになるので、
本当に面倒くさい…ヾ(´Д`;●) ォィォィ



ずっと寝室で寝ていてくれればいいのに、
何度もリビングにやってきて、熱を計ります。


わが家はリビングにパソコンがあるのですが、
夫がうろうろするせいで、パソコンタイムを楽しむことが出来ませんでした。


熱があって食欲がないのも大変。
夫が食べられそうだと言うものを作るのですが、
一口食べておしまいとか、手をつけなかったりとか。


せっかく作ったのに食べてもらえないと凹みます。
食べたくないのならば、作らなくてもいいよと言ってほしいものです。
大人なんだから一日や二日食べなくても、死にはしないよ…


食べたいと思ったけど、口にしたら違うと思うらしいです。


ご飯を炊けば、においが気持ち悪いというし、
ケーキを焼いていれば、甘い匂いで吐き気がすると言い出し…


もしかして「つわりですか?」


私がつわりで苦しんでいたときも、
私の目の前で遠慮なく飲み食いしたのは誰ですか?
私も遠慮なく、好きなものを作って食べさせていただきました。


だいたい、匂いが嫌なら寝室に寝ていてくれ~。
いちいちリビングにやってきて、自分の体調の悪さをアピールするんでない。


私が風邪を引いたとしても、育児は放棄しないし(出来ないし)、
家事もやります(もちろん手抜きはするけどね)。


たまたま仕事が入っていなくて、ゆっくり静養できるのだから、
それだけでありがたいと思ってほしいものです。


チョッと熱を出したぐらいで、
男って弱っちいなぁ。


夫が熱を出すと大変なのが洗濯物。
チョッと汗をかくとすぐに着替えるの。


一日に洗濯したTシャツが12枚です。
洗濯機もいつもは1回なのに2回目を回すほど。
Tシャツはハンガーに干すのですが、ハンガーが足りなくなりました。


返す返す夫の発熱は面倒くさいヾ(´Д`;●) ォィォィ


週末の土日にはだいぶ回復したみたいで、
発熱して毒だし(デトックス)をしたはずなのに、
私に対して毒だしを開始。



チクッチクッと嫌な発言をするんです。
本人は、嫌味を言っているとは思っていないからこれまたムカつく。


夫婦バトルをすると、1つ言うと倍返してくる夫なので、
私はこのところ反論はしないことにしています。
言いたいことを貯めるのもよくないけど、倍返しに耐える気力もなし…


体調不良でずっと家にいられてイライラしているところに、
週末にはチクチク発言攻撃。


週があけて、月曜日からいつもの生活になったけど、
月曜日、火曜日は、何にもやる気が起きませんでした。


はぁ…


やっぱり、家族が健康なのが、一番ですね~。



***


夫が私に言った嫌味な発言。気になります?(苦笑)。



もちろん、私のストレス発散のために、ブログにて紹介いたします。



えっ?聞きたくないって?!



おねが~い。私のために聞いて頂戴ね。



明日にでも紹介します。
私、張り切って書きますわ。
(元気が出てきた証拠です。ご心配なく!)












から揚げ4個で300円

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
3連休が終わりました。
旦那さまは土曜日が仕事だったので、2連休。


家族で買い物に出かけて、
帰り道、から揚げ専門店でテイクアウトしました。
お昼用です。


夫が二種類の味を食べ比べたいというので、
から揚げ(小)300円と塩から揚げ(中)500円を注文。


アルバイトの店員(学生風)が愛想がなくて、
何分かかりますとも、どこでお待ちくださいともいってくれないの。
仕方なく、座敷の端に腰掛けて待つこと20分。
やっと出てきました。



小は250g、中は500gとメニュー記載があったのですが、
商品を受け取ってビックリ。


300円のから揚げは、たったの4個でした。
スーパーで並んでいたら絶対に買わないです。
夫まで「お祭りの出店並みに高い」と言っていました。


国産鶏肉を使用と書いてありましたが、
家でから揚げを作るときは、国産しか使わないし。
外食産業ではブラジル産が主流だけどね。


味はまあまあ、美味しかったけど、特別な感じはなしでした。



もう、二度と行かないでしょう・・・


わが家は建築業ですが、飲食業界も難しそうです。
夫婦でこの店に自営業主ならではのツッコミをいれてみました。



新しく出来たばかりのお店で、テイクアウトもやっているし、
4テーブルほど座敷があって、定食も食べられるようになっている店内。


内装はホームセンターでも売っている2×4の建材を利用して日曜大工の雰囲気。
ニスも何も塗ってないし。
プロがやったとしたら、費用をよほど抑えたのに違いありません。


夫の評価は、初期投資を抑えたのはいい点。
でも、チープでもいごごち良くはできるので、
配慮が足りないそう。



テイクアウト専用の注文カウンターを別に設けて、
ベンチや雑誌を置くとか。
テイクアウトのお客さんが店の入り口でボーっと立っているしかないのね。



本当に居心地が悪くて、夫は子供をつれて車に退散してしまいました。



それから、人を使うのは難しいねという話しへ。
アルバイトの店員。本当に愛想がない。



お客さんも入り口付近でボーっと立っているだけで、
その店員もカウンターの中でボーっと立っているの。



近くの座敷にお座りくださいくらい言えないのかしら。
20分も待たせるのならば、時間がかかりますくらい言ってほしいものです。



店主は厨房でてんやわんやしているようで、
アルバイトの子を指導する余裕がないんだろうね。


小さい店だからマニュアルもないし、
オープンしたばかりだから勝手もわからない。
バイトだってボーっとしているしかないのかも。
それにしても愛想がないのは困ります。


私も深夜のファミレスでパートをしていましたが、
それなりに、接客業に向く子が多くて、
こんなにボーっとした子は居なかったわ。


良い接客をしてくれる先輩がいるから、
真似をすることができるし、マニュアルもしっかりしていますからね。


夫は、


「この店、年内で終わりだね」


と予言していました。



そうですね、数ヵ月後にこの店の行く末を見に行ってみようかしら。



味が美味しくても高すぎてはダメ出し、安くてもまずくてはダメ。
お店もお金をかける必要はないけど、居心地のよさは大切。
たかがアルバイトでも、愛想が悪ければ、店全体の印象を下げます。



近所に乱立していた、たい焼き屋さん。
初期投資が少なくて済むので手軽に開業できますが、
1年持たずに皆なくなりました。



商売は本当に難しいですね。

写真のプリントとデータ保存って迷います!プリントはネット注文で節約

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
デジカメ写真のプリントってどうしてますか?


私は今までは、200枚くらいまとめてネットプリントを注文していました。
200枚たまるには半年~1年くらい。
たまるまでは、パソコンの中で保存です。








» 記事の続きを読む

メイは育てやすいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
b111003-1.jpg
写真は、先月のとある日のお昼ご飯。


メイが発熱をしたので病院へ。
おそらく突発性発疹でしょうということで、
座薬だけもらって終了。


12時を過ぎてしまって、お腹もぺこぺこだったので、
お寿司をテイクアウトしちゃいました。


500円の三色丼。
ネギトロ・甘エビ・イカでした。


スーパーのお惣菜コーナーのお寿司よりも断然美味しいの。
月替わりで三色丼の内容が変わるので、月1回の楽しみにしています。


うちの夫は魚介類が苦手なので、お寿司はこっそりお昼に食べるに限ります。


***


メイが行っている病院。
小児科専門で、予約制なのでとっても便利。


先週末も予防接種に行ってきたのですが、
主婦向け雑誌の最新刊が読めるので楽しみにしています。




【送料無料】Como (コモ) 2011年 11月号 [雑誌]

【送料無料】Como (コモ) 2011年 11月号 [雑誌]
価格:680円(税込、送料別)



この2冊は図書館には置いていないので、
特に楽しみ。


メイが新生児のときは、新生児用の待合室で、メイはベビーベットに。
ゆっくり読むことができました。


今は待合室のソファーで、メイはひざの上、
雑誌はソファーの座面において、ウエストをひねりながら読んでいます。


メイは家以外のところだと慣れるまでしばらくはおとなしいのです。
15分もすると動き出したがるけど。


予防接種後は30分ほど病院内にいなければならないので、
しっかりと雑誌のメイン特集をチェックすることができ満足です。


ウリのときはこうはいきませんでした。


超元気でしたから。


予防接種のときは体温を測るのですが、
いつも動いてしまって体温計はエラーばかり。


小児科のときは短時間で計れる体温計に変えてもらうのですが、
集団接種のときがさあ大変。


保健センターには測定に時間がかかる体温計しか置いてなくてね。


何度もエラーを出して、やり直し。
保健士が抑えてくれて、2人ががりで体温測定です。


いつも、注射の順番は最後の最後になってしまいました。


体温測定は大変だけど、注射自体は大丈夫。
事前にギャーギャー泣かない点は良かったですけど。


どこへ連れて行ってもあっちへウロウロ、こっちへウロウロ。
抱っこしていても、私が立っていないと怒ったし、
ベビーカーにはのってくれなくて、のけぞって嫌がったし。


家で家事をするときも、おんぶが必須でした。
洗濯物を干すときも、料理をするときもおんぶ。


メイはおんぶをしなくても大丈夫なの。
もちろん、そばにいないと泣くけどね。
洗濯物を干しているときは、
洗濯物の入ったかごの中身を出したりして勝手に遊んでくれています。


料理をしているときも、私の足元をハイハイしたりするけど、
料理ができないほどすがりついたりはしないのね。


お昼寝の時間は、9ヶ月になったので、だんだんと少なくなってきたけど、
とにかく一人で遊んでいる時間が長~い。


今も、メイが起きているけど、こうやってブログ更新できています。



メイもぐずる時間があるし、なかなか寝てくれないときもあるけれど、
ウリのときに比べれば、自分のことができる時間がかなり取れるのね。



一人目のときの子育ての苦労は何だったのだろうって感じ。



子育ての苦労って人それぞれだけど、
赤ちゃんの性格でこんなにも子育ての負担が違うのだなぁって実感。



***


最近、子育ての相談をよく受けます。
ほとんどが男の子のママから。


ウリと同じく、元気な男の子相手の子育てに悩んでいます。
あまりにも手がかかるので2人目を躊躇してしまう方も。


皆さん、自分の子育ての方法がまずいのだろうかと自分を責めるママもいます。


元気な男の子のお世話って、ジジ・ババ・パパは短時間だからとっても楽しいみたい。
一日中一緒のママにとっては、ノイローゼ寸前なんですけどね。
身近な人に子育ての大変さをわかってもらえないのが一番辛い。


疲れているときに「今が一番かわいいときだから」とか
「すぐに大きくなってしまうのから」なんて言われても、
心の中には響いてきません。


こういうときは、同じようにヤンチャな子に苦労しているママと話すとスッキリするみたいですよ。


ウリが体温測定できなかった話とか、食器棚をよじ登る話とか、
ユニクロの自動ドアの前で大の字でバタバタギャーギャーした話とかすると、大笑いになります。


さらに、プラスしてわが家の嫁姑バトルのことを話すとさらに場は和やかに~。
わが家の隣にすむ義母の話。私にとっては憂鬱な内容なのに、
ママ友に話すと、かな~り楽しいみたいですよ。


ピンセットで草むしりをする話とか、掃除機は細いノズルだけを使って掃除をする話とか、大うけです。


わが家に遊びに来て元気付けられたと言って帰っていきました。
お互いに愚痴を言っただけなのに、スッキリしていただけたみたいで…
心中複雑ですが、良かったなぁと思います。


ママ友には話しませんけど、自営業で浪費家な夫の話しをプラスしたら、
もっと元気になってもらえたかも知れませんねぇ。
旦那さまの愚痴はさすがにブログでしか話せませんから。




Copyright © 旦那様は自営業 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。