自営業家庭のお金の管理ってゴチャゴチャしていて面倒なことが多いですよね。

本を読んだりすると、プロの意見は総じて仕事と家庭の支出を分けるようにアドバイスされます。「店と奥と分けること」と青色申告の手引きにもありますし。

確定申告に関しては、経費の分は50%などと家事按分をしてキチンと分けて申告します。しかし、普段の家計管理では、この家事按分というのは、使えません。やってもいいけど、非常に面倒なことになります(笑)

主婦にとって家計管理は毎月&毎日のことですから、あまり面倒なことはやりたくありません。私は、普段のお金の管理はシンプルにして、がんばるのは確定申告だけにしておくことをおすすめします(笑)

メインサイトのほうに、メールをいただきました。「給料の決め方や、手取収入の出し方のアドバイスをください」ということです。私の個人的なやり方になってしまいますが、お役に立てればと思って、ブログで紹介しますね。

スポンサードリンク

◆家族経営の小規模な自営業に給与制は意味があるのか?


まず、「給与の決め方」についてです。そもそも、私は小規模な自営業には給与制は意味がないと思っています。

実は私も給与制にして毎月同じ金額を家計に入れるようにしたいと思いましたが、実は失敗しています。収入が乱高下する上に、十分な運転資金がなかったので、給与を支払うことができなくなったからです(涙)。

メールを下さった方は、従業員は家族だけとのことなので、給与制にはこだわらなくていいのではと考えます(もし、家族経営でも、生活が別な兄弟世帯とかがある場合は、給与制がいいと思います)。

最低限の生活費を給与と考えると、お金の管理をシンプルに出来ます。最低限の生活費には、仕事の経費であっても、毎月必ずかかってくる費用を入れてしまいます。

うちの場合、仕事が途切れて1ヶ月も遊んでいるという状態になることもあります。電話代とかコピー機リース代とか、仕事があってもなくてもかかってくるお金は生活費として考えます。


メインサイトのこちらの記事に詳しく書いています
>> 生活費と経費の仕分けと考え方



最低限の生活費を給与と考えると、家計から貯金は出来なくなりますが、その代わり、仕事用の口座には利益がプールされていきます(儲かっていればの話ですけど・苦笑)。

自営業(個人事業主)ですから、仕事用の口座に貯金があろうと、個人の口座に貯金があろうと、どちらでも同じこと。最低限の生活を続けて、仕事用の口座にお金を残していくしかありません。まずは運転資金を貯めなければ!


生活費を把握しやすくするためには、毎月同じ金額で暮らすことです。毎月同じ金額で生活できるように、特別にかかってくるお金を12分割で準備します。

コレについてはメインサイトを参考にしてください
 >> 収入がバラバラなら支出を一定にして対応


◆自営業の手取り年収を把握する方法は?


私も自営業妻になったばかりの頃は、手取りはいくら?ということが気になっていました。国民年金とか税金を引いて、手取り年収を計算したこともありましたが・・・

実は最近は気にならなくなっていて、面倒な計算はしていません(笑)。自分の手で税金を払うことが当たり前になってきたので、税金も一つの支出だと思って、特別扱いはしなくてもいいかなぁという気分(笑)。

税金を特別扱いして、手取り年収を出せば、会社員世帯と生活と比べやすくはなりますけど・・・。比べたからってどうなの?という気持ちです(苦笑)。

一応、手取りを意識して計算してみると・・・

最低限の生活費を考えると、うちの場合は経費であげているものも含めて月30万円(税込)必要なので、年360万円(税込)必要です。青色申告や専従者給与で節税をしても、25~30%は国民年金と国民健康保険と税金(所得税・住民税)に必要です。私は年100万くらいを想定しています。

よって、わが家の手取り年収は260万円ということに。まあ、そんなもんでしょう。

もちろん、これよりも稼げる年もありますから、最低限の生活を続けていれば、仕事用の口座には運転資金が残っていくはずなのですが・・・

うちは、夫があればあるだけ使う浪費家なのと、モバゲー代が月10万円以上なので、運転資金が貯まるどころか、借金がありますけど(涙)

この手取り260万円に夫の作った借金の返済と夫のおこづかいは含まれていませんが・・・(苦笑)

手取り年収は、経費も含めて最低限の生活費を計算。大まかの税率を想定して、大雑把に出すぐらいでいいのでは?と考えています。

こんなんで参考になったかしら? 分かりにくいですよね。ごめんなさ~い。

短くまとめると、仕事と家庭の支出を分けるのではなくて、一緒に管理して、最低限の生活費を出してみましょうとう提案なのです。プロの意見とは逆なんですけど、この方法が、家計管理をする上では一番シンプルでラクなのでは?と思っています。


スポンサードリンク

 タグ
None