自営業妻9年目のコミィです。

メールやコメントなどで、「夫が会社員を辞めて自営業をはじめます」とか「自営業の彼と付き合っていて、結婚を考え中」といったご相談を受ける機会が増えています。

うちの夫はかなり特殊だから、参考にはならないかも~!っと思いながら記事にすると、「うちも同じです」なんて反応があったりして・・・(苦笑)これまたびっくりです。

お付き合いが長かったとしても、結婚してみないと分からないことって多い。私は付き合っている期間を含めると、夫とは10年以上の付き合いになりますが、それでも新しい発見があって、日々びっくりです(笑)

最近のびっくりはインスタントラーメンの味。醤油味の5食セットを買い置きしておいたら、「俺はしょうゆ味のインスタントラーメンはあまり好きではない。みそ味にして」と言われたことです。

いつも同じ味にならないように、そのとき安売りしているものを適当に買っていたのですが、しょう油が好みでないことははじめて知りました(笑)。私はとんこつは苦手だから、塩とみそを行ったりきたりすることにします。


スポンサードリンク

自営業の収入の不安定さは想定内かな


私の場合、お付き合いをしているときから夫は自営業でしたので、ある程度、収入が不安定なのは覚悟して結婚をしました。

私は働くのが好きだったから、私が働けば何とかなるだろう!と思っていたのね。まさか、3歳差で3人出産して、外で働けない期間がこんなに長引くとは思っていませんでしたけど(笑)

仕事が途切れることはありますが、1ヶ月丸々ないという経験はなし。大工さんだとそういうこともあるらしいけど、水道屋サンは小さな仕事がパラパラありますから。同じ職人でも職種によって仕事がない度合いは違いそうですね。

収入面では覚悟があったせいか、なんとか想定内で済んでいます。お金の管理のやりにくさは想定外でしたが。

自営業を選んだ夫の性格は想定外でした


140919-5.jpg

↑夫の好きな高カロリーなドリア。中はミートソースのパスタです。

もう想定外だったのは、自営業を選んだ夫の性格です。コレが邪魔をして、結婚生活のすべてが想定外になりそうな勢いです(苦笑)。

会社員になる人が多い中、独立して自営業を選んだ時点で、かなりの曲者なんですけど。結婚前の私にはそれは想定できませんでした。

お金に関して言えば、結婚前に、経理とお金の管理をやってほしいと言われていたし、夫はおこづかい制になることを自分で希望していたんですよ。

夫は自分が貯金が出来ない性格なのを自覚していましたから、「お前がお金の管理をしてしっかりと貯めてほしい」とすら言っていたのです。

きっと、おこづかい制になってみたら、あまりの窮屈さにびっくりしたのでしょうね。夫自身が(笑)

その当時は私もやる気マンマンでしたから、かなりビシバシやってしまって。今になって思えば、もっとゆるくリハビリ期間をもうければ、おこづかい制にシフトできたかも。

仕事が途切れて収入が不安だったから、私はキリキリしてたしなぁ。夫の性格をここまで深く考えたこともなかったし。

でも、一応、月3万円が平均の時代に、月5万円でスタートしたのよ。私にしては寛大でしょ。それなのに、ダメだったのよね。

難しいのは夫自身が自分の性格をコントロールできないことですね。自分では自覚がないのかも。

うちの夫は職人になって、独立して自営業になれたから、何とかやってこれましたのかもしれません。もし会社員として生きる道しかなかったら、上手く行かなかったと思うし、辛かったと思います。

自営業になっても収入が得られずに続けていけない人、たくさん知っています。うちは一般住宅の仕事が主なのですが、たまに店舗の仕事もします。居酒屋にお弁当屋さん。どこも半年以内に廃業ですよ。独立するって大変です。

せっかく、自分らしさを活かせて、なおかつ家族を養える収入を稼げる仕事を見つけられたのだから、もっと自分の立場やお金を大切にしていければいいのになぁ。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None