8月初旬の届いていた臨時福祉給付金の申請書。

青色事業専従者となっている私のもとに、なぜだかこの通知が届いたのです。こちらの記事を読んでいただくと分かりやすいと思います。

>> 青色事業専従者の私がなぜ臨時福祉給付金の対象者に?

その給付金なんですが、不支給決定の通知書が届きました。私はもらえないそうです (T_T)

スポンサードリンク

141103-4.jpg

不支給の理由は、住民税が課税されているかたに扶養されているため、だそうです。

この給付金は住民税が課税されていないくらい低所得な方に支給される給付金です。私の青色事業専従者の給与は住民税がかからない範囲のため、この給付金の申請書が届きました。

自営業妻の私の場合、誰にも扶養されていない、低所得者とおなじくくりになってしまうのよね。

なぜかというと、会社員妻の場合は、国民年金が3号になっていたり、夫の会社の社会保険に加入しているので、夫の扶養になっていることがはっきりしています。

自営業妻の場合は、国民年金は1号だし、市町村の国民健康保険には扶養という概念がないのね。収入のない子供からもお金を取りますから。つまり扶養というメリットは何も受けていないのです。

う~ん、申請書を出したときから、私は該当しないだろうなぁと思っていましたが、やはりそうでした。お役所でもキチンと調べているということですね。

もしかしたら、1万円もらえるかな~っと思いましたが、ダメでした。

この個別の判断は、各自治体にまさかされているものと思います。自治体によって判断にバラツキがある可能性も。

こうやってブログの記事にしておけば、「うちはもらえたよ~」なんて反響もあるかも。低所得者を判断するのって難しいですよね。

もし1億円貯金を持っていたとしても、前年が住民税の課税がなかったら、対象者になってしまうわけですし。

今回は、ちょっと残念な気持ちになりましたが、本当に必要とされている方のところに、キチンと届けられれば言いなぁということで、あきらめることにしま~す。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None