青色事業専従者とパートの両立は出来るの?税務署に問い合わせたが解決せず^^;

  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 青色事業専従者とパートの両立は出来るの?税務署に問い合わせたが解決せず^^;

スポンサーサイト

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None

■応援ありがとうございます。更新の励みになります■
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

■自営業家庭のマネーサイトを運営しています■
 >> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理

青色事業専従者とパートの両立は出来るの?税務署に問い合わせたが解決せず^^;

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


green01.jpg



パートをしたいけど夫の自営業の青色事業専従者をやめると税金が上がってしまう・・・というジレンマを抱えている自営業妻コミィです。

パートに行ったところで今までどおり自営業の手伝いはするつもり。自営業だっていつも忙しいわけではないから、十分にパートとの両立は可能なの。

もしパートで年60万円稼いでも、税金が年30万円増えたら手残り30万円。この辺のラインだと微妙ですよね。3番目の保育料は無料だけど、長男の学童保育に申し込むと月1万円、年12万円なの。ますます微妙。

うちの夫、やる気があるときは(借金の支払いがきつい時は・苦笑)、日当15000円の仕事に休日返上で行ってくれます。「あなただけが頼りなの!」って夫をおだてて、気分よく働いてもらったほうがいいのかしら?

スポンサードリンク

パートをしていても青色事業専従者でいられるの?


パートをしたとしても今までどおり自営業の手伝いはするので、働いた分は専従者給与をもらいたいですよね。青色事業専従者というのは結構厳しくて、パートとの両立はできないというのが今までの通例でした。

ところが最近、違ってきているみたいなの。コメントいただいたメメさんもパートと青色事業専従者を両立しているようです。実は、私のメインサイトでは自営業妻仲間さんからメールをよくいただくのですが、「別の仕事をしながら青色事業専従者をしています。」という方が他にも2名いらっしゃいます。中にはフルタイムで働いている方まで。

皆さん、自分の仕事をしたほかに、夜や休日に夫の仕事を手伝っていて、本当に頭が下がります。

話をまとめると、皆さん勝手にやっているわけではなくて、税務署や税理士さんに相談の上、パートと青色事業専従者を両立しています。

念のため、自営業の就業規則というのを作るみたいです。パートで午前中働いているとしたら、自営業の仕事は午後とか夜にしていますと証明するためでしょう。

会社員だって副業をする時代ですから、自営業(個人事業主)の本業だけで食べていくのは難しい時代です。その点を考慮して、税務署も甘くなったのかなぁと勝手に思っています。

パートと青色事業専従者を両立できるボーダーラインは?


そこでどんな場合にパートをしていても青色事業専従者として認められるか知りたいですよね。

たとえば、

パートの就業時間が自営業の就業時間を超えてはならない。

とか、

パートの給与が専従者給与を超えてはならない。

とか。

もっと厳密に、二分の一以下、とか三分の二以下など、はっきりと数値で示してもらえると助かります。



きっと曖昧なボーダーラインなんだろうなぁと予測はしていましたが、まずは最寄の税務署に電話をかけて聞いてみました。

すると帰ってきた答えが・・・

「6ヶ月以上従事している場合に、青色事業専従者になれます」

ですって。

そんなこと知ってるってば。1~6月はパートで、7~12月はパートをしたいって言っているのではないの。1日のうち、午前中がパートで、午後は自営業の手伝いをした場合はどうなのか?って聞いているのです。

「例えば・・・」って私が具体的な事例を出して、その場合はどうですか?って聞いているのに、帰ってくる答えは「青色事業専従者の要件をよく読んでください」の一点張り。

きっと彼はマニュアル大好きな言われたことしかやらないタイプですね。きっと。まったく話になりませんでした。

国税庁のホームページから青色事業専従者の要件を引用します。



青色事業専従者とは、次の要件のいずれにも該当する人をいいます。

イ 青色申告者と生計を一にする配偶者その他の親族であること。

ロ その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること。

ハ その年を通じて6月を超える期間(一定の場合には事業に従事することができる期間の2分の1を超える期間)、その青色申告者の営む事業に専ら従事していること。



コレをいくら読んでも判断できないから電話したのになぁ。都市部の方がたくさんの事例を扱っていて、ノウハウがしっかりとしているかもしれないので、最寄の税務署ではなくて、管轄外の税務署に電話した方がいいのかもしれません。

もう一度管轄の税務署に電話をして違う方が対応してくれなかったら、今度は違う税務署に電話してみようと思います。

実際に確定申告を提出する税務署に確約を取らないと意味がないんだけど、「他ではそうでした!」と弁明は出来るはず。

税務署に問い合わせした際には、日時と応対してくれた担当者の名前をメモしておくといいですよ。


■ メインサイトにも青色事業専従者の記事をまとめてあります。

  >> 青色事業専従者の基礎知識と節税効果



スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None

■応援ありがとうございます。更新の励みになります■
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

■自営業家庭のマネーサイトを運営しています■
 >> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理

コメント (10)

メメさんへ

こんにちは。

確かにそうですね。
配偶者控除はパートなら103万円までですから、
パート代がそれ以下なら、
専従者給与も配偶者給与もどちらも選択できますよね。

わが家の場合は、私の専従者給与がないと、
自営業の個人事業税がかかってきてしまうラインなので、
絶対に専従者給与の方がお得です。

所得税だけで考えるのではなく、
事業税や国保なども一緒に考える必要があります。
国保は自治体によって専従者給与が効果がないところとあるところが色々なので、
これまたややこしいですよ。
コミィ URL 2015-01-21 16:38

追加質問です。

こんにちは!
仕事に子育てにお疲れ様です!

先日お返事頂いたコメントに関してなんですが、
配偶者控除38万以上に専従者給与を設定しないともったいないという
お返事に対してなんですが、

私の捉え方が
配偶者控除の38万なら主人の収入つまり事業売上からマイナスできるけど
二ヶ所給与で専従者給与だと、事業売上からは専従者給与引けるけど
その分私の給与に+されて私の税金が上がるから
配偶者控除の方が幾らか節税なのかなと。。。

専従者給与だと、金額によっては主人の税金が増えるのと
私の税金が上がるのと同じなのかなと思ったんですが。。。

どうなのかな?
ややこしいです…(*´-`)
メメ URL 2015-01-21 10:03

み~さんへ

こんにちは。

今までは子育てが優先でしたが、
そろそろ本格的に仕事がしたくなってきました。

設計とかの仕事を自宅でしたいのですが、
夫のコネは使いたくないので、
自分で開拓できないかなぁと思案中。

夫の自営業の下請けや外注にしてもらえば、
専従者との兼ね合いに気を使わずに済みそうです。

まずは修行を兼ねて、パートでノウハウを学びたいです。

事務所で出来る仕事っていいですよね。
コミィ URL 2015-01-20 15:06

コミィさんなら・・・

コミィさん

コミィさんなら事務所(自宅)にいながらパソコンを使って仕事とったり
できるはずですよ。
能力ありすぎでもったいない~

私もできればもう一つくらいなにかできないかな~と思案中です。
もちろん事務所で(^_^.)
是非情報交換しましょう!!
み~ URL 2015-01-20 09:36

み~さんへ

コメント&メールありがとうございます。

新しい自営業妻のお仲間さん、大歓迎です!

事務所に居ながらできる副業っていいですね。私も、下請けみたいなかんじでいいから、自宅のパソコンで図面を書いたり、書類を作ったりする仕事の需要があるのでは?って模索中。

今、わが家が外注に出している仕事を自分でやろうかと思っていて、ついでに他の方の仕事も請け負えないかなぁっと。

パートだと微妙だけど、下請けや請負にしてしまえば専従者のままでいけそうです。

私も今回から給与明細を自作して、自分の分も確定申告しようと思っています。いつまでも住民税が課税されない92万円にこだわるのはもったいないので。

また情報交換しましょうね。

コミィ URL 2015-01-19 14:41

ミミさんへ

こんにちは。
確定申告全体の内容を見て、
税務署員の方が判断してくださったのでしょうね。
売上と専従者給与のバランスなどが適正だったのでしょう。

専従者になった時点で配偶者控除は対象外です。
2ヶ所給与は関係ないですよ~。

所得税に関してだけ言えば、配偶者控除38万円だから、
専従者給与は38万円以上にしないともったいないです。

専従者の勤務時間を証明するのって難しいですよね。
メメさんの場合は、税務署に確約取れていますから大丈夫だとも思いますが、
相談した日時と担当者はメモしておいたほうがいいかも。

難しいことばかりですが、
毎年ミスや失敗をして知識が深まっていくと感じます。
なかなか自営業妻というのはやりがいがありますね。
コミィ URL 2015-01-19 14:34

もりさんへ

こんにちは。

スマホから見やすくなったようでよかったです。
半分以上がスマホからなので、思い切ってデザインを変更しちゃいました。

> 専業主婦、専従者としての立場に限界を感じております。

そうなんです。まさにそうの通りなの。
1万円でも多く稼げるなら、グチグチ言ってないでサッサと働きたいと思うときもあれば、
やっぱり夫婦げんかは嫌だなぁと保守的な気持ちになることもあり・・・

消費税の免除というのは始めて聞きました。
うちは今回から消費税があるのですよ。気が重いです。
大きなお金が動くのに手残りが少ない業種は消費税には不利だと感じます。

また、自営業妻に参考になる情報がありましたら、
よろしくお願いします(*^o^*)
コミィ URL 2015-01-19 14:27

私もやってます♪

コミィさんのサイト 数日前に見つけて大ファンになりました~
戦っているのは私だけではない!ととても心強く感じます(#^.^#)

因みに私もやってますよ~副業(^_^メ)
副業というか、今ではよっぽど専従者としていただいてるお金よりは多いお手当をいただいています。
ただ、夫の事業で足りない時は出したりしてるので、全然貯まらないのが悩みです。
これって私が副業してなかったら潰れるってこと???って思っちゃいます(-_-メ)

自営業は不安定な上に、機材や車両の故障など突然の大きな出費も多く、
どこかに少しでも安定した収入を持っていることは自分自身の心の安定にもつながるので。。。
私の場合はラッキーなことに事務所にいながらにしてできる仕事だったので、専従者としての仕事ももちろん毎日していますが、その傍らでべつのこともしているって感じです。
もちろん元税理士って方にも相談して大丈夫ってことでやっているのですけど。
なので、確定申告は夫と私二人分です。
み~ URL 2015-01-19 10:24

No title

日々のお仕事お疲れ様です!

気になって読みました。
税務署は担当の人によって対応が違いますよね。
何度も税務署に足を運んでいて感じました。
うちはお恥ずかしながら、劇的に儲かっていない(笑)ので
専従者給与よりパート給与がかなり上回ってます。
それでも今まで相談した税務署の職員さんは認められるとの
回答でした。

そうそう、コミィさんに聞いてみたかったんですが
専従者の勤務証明って必要なんですか?
確定申告等では提出しませんよね?
もちろん残しておくべき物なんでしょうが…
手書きで勤務時間をメモしたものでも良いのでしょうか。

規模にもよるとは思うんですが、
私は専従者+パートで収入があるならば
必ず税金はかかるので、私は専従者外れて
配偶者控除受けた方が節税になるのか悩み中です。
二ヶ所給与だと配偶者控除受けれませんよね?

日々考えてて、剥げそうです(笑)
メメ URL 2015-01-19 00:54

ブログがスタイリッシュに!

こんにちは。
いつもスマホで拝見しております。
記事がとてもみやすくなりました!

特にこの記事、2度、3度見しました!
税金がいくら増えようと、利益を上げるにはやっぱり外で働かないと、、、
専業主婦、専従者としての立場に限界を感じております。
ほんとに、国保が高くて(ToT)
この他の税金も(ToT)
ただ、大工が加入できる建設国保があるので、
一定の金額を超えてきたら、
そちらに乗り換えるつもりです。
収入に関わらず年齢や条件に応じて払い込み額が変わるので。
専従者とパートとを両立できる事を公に認めてしまうと、
恐らく全ての人がそうするでしょうから、
業務を監視できる税理士などの第三者がついている方は
あくまで特例として認めてもらえるのでしょうか?
私も主人の同業者の方で、
売上が1000万円超えた年、
『一時的に他の職人の賃金をまとめて受けとる事になったので』という理由付けをし、
税務署に認めてもらえたので、
消費税の支払いを免れたという話を聞いた事があります。
色々と特例があるんですね。
商工会や青年会など所属していないと、
個人では難しいんでしょうかねぇ(´Д`)


もり URL 2015-01-17 09:42

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

トラックバック (0)

Copyright © 旦那様は自営業 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。