信用金庫の担当営業に不信感を持ってしまったエピソードの続きの話です。

前回の話はこちら。

>> 借金返済の引き落しでヒヤっとした話&信用金庫の担当者に不信感

わが家は毎月1万円の積立をしています。信用金庫の担当さんが自宅まで集金に来てくれる昔ながらのスタイルです。

金利もよくないし、私は別にこの積立をしたいわけではありません。借金をしているのでお付き合いだと割り切ってしているのです。

それなのに、担当さんに会うたびに不愉快になるというおまけ付。うんざりしています。正直やめたいです。

スポンサードリンク

毎月1万円1年満期の定期を子供用に。


この定期は月1万円、1年が12万円になります。金利は20円。そこから税金が引かれます(笑)。満期になると子供名義の通帳に入金してもらっています。以前は6万円づつ、今は3人になったので4万円づつです。

1月に満期になるので、新しい定期の手続きをするときに、一緒に解約の手続きもしてもらいます。そして、子供名義の通帳を渡して、後日、それぞれに入金されて、子供名義の通帳を担当さんが自宅まで届けてくれるのです。

今までも、何人かの担当者がいましたが、いつも同じ手続きをしてもらっていました。

それなのに!今回の担当さんは話が通じないの。

まず私が集金に来てもらったときに定期の通帳を渡して

「1月に満期になるので子供たちの通帳に分けて入金してもらいたいのですが。」

とお願いすると・・・。返ってきた答えがこう。

「コレはあさってに満期になる定期ですが、今日解約してもいいのですか?」

ですって。

私は予想していなかった答えに、その真意を汲み取るのに時間がかかってしまいました。

その担当営業の真意は?対応の悪さにがっかり。



今までの担当者だったらこんな返答はしません。きっと「あさってになると満期になるので、あさって以降にもう一度、通帳を受け取りにきます。」って言うはず(私は別に通帳を預かってもらっておいても問題ないけど、今は金融機関側がうるさいので預かってくれないようです)。

私は担当さんが「あさってにまたうちに来るのが面倒なのね」と判断したので、担当さんが困るような返答をしてやりました。

「今日、解約すると利息の20円がつかないということですよね。20円くらい気にしないので、今日解約してもらってかまいません。」

すると、担当さんおどおどし始めた。何年もお付き合いのある顧客なのに、3日後に満期になる定期を今日解約する手続きをとったら、信用金庫の支店内で事務方のお姉さま方におかしいと指摘されそうですものね。

担当さんったら「せっかくなので20円でももったいないですよ」みたいなことを言い始めた。それなのに、あさってにもう一度来ますとは言わないのよね。

今までのやり取りでも動きが悪いなぁというのを感じていたので、もうこれ以上やり取りするのをやめました。

「分かりました。後で自分で窓口に行って解約します。」私がそう伝えると、担当さんはうれしそうに「そうですか!よろしくお願いします」と言って帰っていきました。

解約の手続きを面倒くさがる営業担当って初めてです。こんなズボラな人を営業としておいておいたら、信用金庫全体のイメージダウンですよね。

窓口の女性はいつも丁寧だし、私がたまに窓口に行くと、奥の控え室にいる担当営業さんを呼んできてくれるの。それくらい、地域密着を心がけている信用金庫さんなのです。

この担当営業さんの対応は、今まで積み上げてきた実績をパァにしてしまいます。人を雇ったり、育てたりするのは難しいですね。

このやり取りの後に、借金の引き落しが出来なかった連絡が10日も遅れた事件が起きたのです。

はっきりいって、もう毎月あの方と会いたくありません。集金に来る前に、私が窓口に行って積立してきてしまうか、まだ1回分しか入金していないけど、解約してしまうか、どちらかにしようかと思っています。

ちょっとムカついているので、窓口に行ったときにでも、「今度の担当さんとは顔を合わせたくないので、これからは窓口で入金することにしてもいいですか?」と言ってみようかしら。

担当さんが支店内にいなさそうな時間帯を狙っていかないとね。本当にムカついた出来事だったので、ブログで毒を吐いてすっきりです。


スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None