実はまだ確定申告の作業中です。2月には終わらせる予定でしたが、まだチマチマとやっています。

ほぼ終わっているのですが、夫の許可が出ないのでイータックスで送信できません。送信しなかったからといって、税金の支払いが免れるわけでもないのにね。

わが家の場合は、所得税と消費税は口座引き落しなので、いつ確定申告をしても支払いは4月20日頃です。

もう覚悟を決めたほうがいいと思いますよ。夫よ  (;´▽`A``

3番目も保育園に入れたので、もうそろそろ私も外で働くことを考えています。そこで気になるのが、税金のこと。今日は私がパートなどで年100万円稼いだ場合、いくら国民健康保険料を支払うことになるのか試算してみました。

※ ぴっぴサン。コメントありがとうございました。加筆修正させていただきました。

スポンサードリンク

国民健康保険料を計算するための基本情報



わが家の場合は市町村の国民健康保険に加入しています。うちの場合は、所得割・均等割・平等割の3つから計算されます(その昔は7分割方式で、固定資産からも計算されていました)。

所得割は所得から計算されます。医療分、支援分、介護分を合わせると約11%です。

平等割というのは世帯割のことです。家ごとの基本料金ですね。わが家の場合は約30000円です。

均等割は各個人の基本料金みたいなもの。私は41000円です。子供たちは介護分がかからないので33000円です。

平等割と均等割は収入があってもなくてもかかるものです。世帯全体の収入が少ない場合には、国保料は軽減されますが、夫の自営業の収入なんて乱高下なので、いつも軽減が受けられるわけではありません。

軽減は受けられないものとして、考えてます。 平等割りも面倒だから計算には入れないことに。

国保料の計算は市町村ごとに違いますから、私の金額は参考程度にしてくださいね。

パート給与で年100万円稼いだ場合、国保料はいくら?



まず所得から基準額を計算します。

所得100万円 - 給与所得者控除65万円 - 基礎控除33万円

これで、基準額は2万円になります。

基準額2万円に所得割11%を掛けると。

2万円 × 11% = 2200円。

これに均等割の41000円を足すと43200円に。

フリーランスで年100万円稼ぐと国保料はいくら?



まず、所得から基準額を計算します。

所得100万円 - 基礎控除 33万円 = 基準額 67万円

基準額は67万円です。

国保料は所得税と違って色々な控除がないので、基礎控除33万円だけ。

基準額67万円に所得割11%を掛けると。

67万円 × 11% = 73700円

それに均等割の41000円を足すと。

73700円 + 41000円 = 114700円です。

収入100万円の人に115000円も支払わせる国保って最強ですわ。

とはいっても、41000円は収入がなくても支払うわけだから、仕事をして増える金額としては73700円ということですね。

もし80万円稼いだら所得割は52000円ほど。60万円なら30000円ほどでした。

子供がいて仕事をするとなると、子供風邪などでいくら稼げるかは分かりません。一番稼いで100万円として、月10000円は国保料の支払いとして、積立をしていたほうがいいということですね。

会社員の妻なら、夫の扶養の範囲内だったら、健康保険料の支払いはないのにね。何しろ子供からも1人33000円とるのよ。うちは3人だから、子供だけで約、年10万円です。

やっぱり、国民健康保険料って高いなぁ。

国保の計算は面倒なので、なれていない方は、お役所に電話して試算してもらうといいですよ~。私は自分で計算していますけど、毎回微妙にお役所から送られてくる金額と違います。なぜ? (>_<)

青色事業専従者と両立して働きたいのですが・・・



できれば、税理士さんに確定申告をお願して、青色事業専従者を維持しながら、パートかフリーランス(在宅でできる下請けのようなもの)をしたいと画策しています。

中途半端かしらねぇ。迷います。

そうすると、パートの場合は、給与所得控除と基礎控除は専従者給与の方で使ってしまうようなものなので、パート収入全部に国保の所得割11%がかかってきますよね。

フリーランスで働いても、青色事業専従者をしていると雑所得で申告することになるから、やっぱり収入のすべてに所得割11%がかかることに。

画期的にお得になる方法はないのかなぁと考えたけど、抜け道はないようです (;´▽`A``

でも、よく考えたら、わが家の場合、青色事業専従者の給与は国保の節税にはつながらないのです。うちの市町村では私の専従者給与は夫の所得に上乗せされて、所得割が計算されますと、数年前の明細に書いてあったの。

そう考えると、国保に限っては、私がパートをして働けば、65万円の控除を世帯としてはダブルで受けることになってお得なのかしらねぇ。

よくよく調べると、専従者給与は国保の節税にも効果があるという事例が多いのよね。うちの市町村でも取り扱いが変わってくる可能性もあります。

市町村によって計算方法に差があるというのが、国保料の難しいところ。同じ所得でも安いところと高いところだと30万も差が出るとテレビで特集していたもの。

考えすぎて、訳が分からなくなってきました。やっぱり税理士さんに相談します。

以前お世話になった税理士さんに相談の電話をしたのよね。パートと自営業の手伝いを両立している自営業妻の方は増えているようで、そのような確定申告もしているということでした。

近いうちに相談したいと伝えているのですが、かなり忙しいようです。できれば3月16日までにお会いしたいのですが、無理かも。


国民健康保険料を試算するのなら、こちらのサイトが詳しくて参考になります。

>> 国保の計算方法
 

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None