150306-1.jpg

私が使っている自宅用の袋分け財布です。

開運財布と呼ばれているお財布で、持つと金運がよくなるお財布とのこと。うさんくさいと感じる方もいるかもしれませんね。

真っ白な蛇をモチーフにしていて、材質は牛革。日本の職人さんが手作りしているので、品質はとてもいいものなんですよ。

2月に購入して3ヶ月ほど使ってみました。使い勝手で気になることや、開運効果について紹介します。

スポンサードリンク

開運財布を3ヶ月使ってみた使い勝手は?


私が使っているのはL型ファスナーの長財布です。

150306-3.jpg

コンパクトなのに、100万円の束が入ります。100万円は偽物ですが、入れておくと効果はあるそうです(笑)。ダミーの100万円はお財布を初めて使うまでに入れておく物なのですが、持ち歩く財布ではないので、私はそのまま入れっぱなしにしています。

普段使っているのはラウンドファスナーなのですが、L型財布だと気になる点が。

150420-2.jpg

奥のカードを出し入れが、すこし引っかかる感じがするの。狭くなってしまうからのようです。

150420-1.jpg

メインの財布として使う場合は、カード類も多いでしょうから、よく使う物は手前側(Lのカーブ側)になるように気をつけた方がいいと思います。

それ以外は、ファスナー1つで小銭も取り出しやすく、手になじんでコンパクトなので、使い心地は気に入っています。

気になる開運財布の効果は?


2月の日柄のいい日に注文して、届いてからはダミーの100万円を入れて寝かせて、日柄のいい開運日から使い始めました。

注文した日と、使い始めた日のどちらかが開運日だといいらしいのですが、念のため両方とも開運日を選んだ欲張りな私です(笑)。

気になる開運効果なのですが、本当にありました!

まず、一つ目は2万円ほどする高価な商品をいただく機会がありました。モニターだったのですが、懸賞に当たった気分です!

それから、こちらのブログでも紹介しましたが、メインサイトの小銭貯金の件で取材を受けて、雑誌に紹介していただきました。小さな記事ですが、私にとっては大事件でした。

さらに、ライター(文章を書くお仕事)のお誘いを受けました。やるかどうかはまだ検討中ですが、青色事業専従者をしていても夫からはお給料がいただけないので、何か副収入が得られたらいいなと思っていたところ。

節税と子育ての兼ね合いがあるので、即パートに出るのも決心がつかず(外で働くのは好きなんですけどね)。

本当は、自宅で図面を書く仕事をがしたいのですが、ブランクもあるし自分で仕事を開拓していけるほどのスキルもないので、一歩を踏み出すのが大変で。

自宅でできる仕事をいろいろと試してみたいと思っているところです。ライターの仕事もやってみるのも楽しそうですね。ただ、大儲けはできなそうです(苦笑)。

そんな感じで、ウキウキと楽しくなることがあったので、私にとってこの財布は開運財布だと思っています。

5月と6月の開運日は?宝くじを買うのにもいい日みたいです


財布を買ったり、使い始めたりするのに、日柄が大切です。開運日を呼ばれています。

5月の開運日カレンダーです。

150420-5.png

粒とあるのは、一粒万倍日のこと。「いちりゅうまんばいび(じつ)」と呼んで、一粒の籾(もみ)がたくさん実をつけた稲穂になる意味だそうです。

150522-7.png

宝くじ売り場にも、「一粒万倍日」というのぼり旗が立っていました。縁起を担ぐ方には有名な日のようです。

5月は日柄のいい日が重なっている日が多かったですね。5月3日と15日はマークが重なっています。

6月の開運カレンダーです。

150522-6.png

6月はすごいですよ。10日がマーク2つですが、22日にはマーク3つです!夏至の日ですね。宝くじを買ってみようかな(笑)。


■ 私が開運財布を買ったときの記事はこちらです。
   
  >> 袋分けの用の財布を新しくしました!真っ白な開運財布です。

■ 私はこちらで開運財布を買いました。

   



  >> 財布で開運







スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None