green01.jpg

わが家は子供が3人。長男が小学生。長女と次女は保育園に行っていますから、色々と集金があります。

一つ一つは大きな金額ではありませんが、毎月やりくりしているお金から捻出するのが大変なことも。そこで、去年から子供費を積立して管理することにしました!

スポンサードリンク

特に小学校の集金が突然で困ります!


保育園はもう長い付き合いですので、お金のかかる時期が把握できています。問題は小学校です。

5月に遠足代5000円の集金があって支払ったと思ったら、5月末にも教材費の集金が!25日以降だったから、世の中の給料日にあわせて集金だったのかな?

わが家は月末ギリギリまで資金繰りをしているし、私のやりくりは1日始まりなので、月末の集金はキツいです(苦笑)

特に昨年は1年生だったので、教材費の集金の他に、絵の具セットや水着、体操着と季節ごとにいろいろな集金がありました。入学前にもまとまったお金が必要でしたが、入学後もパラパラと出費が続いたので、やりくりが大変だなぁと感じることが多かったです。

子供費は毎月5000円ずつ積み立てすることに!


やりくりが大変になってきたので、毎月の生活費から出していた子供関係の支出を、別枠にして、毎月積み立てることにしました。

この方法、半年ほど試して検証してみましたが、私には合っているようです。月は集金が多かったので繰越額が少なくなって、6月の中旬にはとうとう残金0になってしまいましたが(苦笑)。

小学校は夏休みの間は集金がないのでなんとか帳尻が合わせられるかなぁと思っています。

もしダメそうなら、毎月5000円の積立を増額するしかありません。どこからその予算を持ってくるかが難題ですが。

メインサイトに詳しい子供費の管理方法をまとめましたので、読んでいただけるとうれしいです。


■ 子供費の管理方法を紹介した記事です。
>> 学校の集金は突然に!慌てず支払えるように積立方式を採用

■ 家計管理・節約の話はこちら
>> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理

■ 節税・青色申告の話はこちら
>> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理|青色申告・節税

■ 保険の話はこちら
>> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理|保険選び

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None