green01.jpg


住民税の通知が届きました。私は夫の自営業を手伝っているので青色事業専従者になっています。

扶養の範囲内のパートくらいの働きと位置づけているので、私の給与額は所得税や住民税の対象にならない範囲にしています。今回の確定申告では初めて年末調整に挑戦しました。私の給与から、国民年金代の社会保険控除と生命保険控除をしてみたのです。

節税になるかな?なんて思ったのですが、どうも給与額をミスしてしまったみたいです(涙)。

スポンサードリンク

住民税の均等割がかかってしまいました!これが一番もったいない


前回までの私の青色専従者給与額は92万円でした。以前100万円以内なら大丈夫だと思って96万円にしたら住民税の均等割が4000円きてしまいました。

そのときに、93万円以上になると均等割、98万円以上なると所得割がかかるということを勉強しました。

そんな知識があったのに、ギリギリまで節税したい欲をかいた私。私の専従者給与額を115万円にして、その代わり年末調整をして各種控除をしたら93万円以下になるようにしたつもりでした。

なのに、均等割がきてしまったの!その額5700円。数年前は4000円だったのに値上がりしているのね~(涙)。

給与額を115万円にするか110万円にするか迷ったのよね。ギリギリセーフだと見込んでいたのに、ミスしたわ。欲をかいてはいけませんね。

これから内容を精査しますが、どうも生命保険控除の金額で勘違いしたみたいです。

ミスをすると専従者をやめたくなります


夫の方の住民税は予定していた金額で納まっていました。こちらはほっとしました。私の5700円は夫に払っていただくしかないのですが、気まずいです。

きちんと給与をいただいていれば私が払うんですけどね。わが家の場合、夫がお金を管理していますから、私が自由になるのは日々の生活費だけです。日用品と食費だけでいっぱいいっぱい。5700円を捻出するには2~3ヶ月かかるかも。

私がミスしたせいだけど、私だってわざとやったわけではありません。よかれと思ってやったのです。

別に夫は私を責めたりはしませんでしたけどね。でも気まずいの。私がなんだかもやもやしてしまいました。自分のヘソクリで支払っちゃう?って思ったけど、それも何だかなぁ・・・っと。

数年前に私のミスで修正申告をしたことがあったのですが、そのときも次から次へと追徴課税がきまして。あのときも気まずくて、もう夫の手伝いはやめてしまいたいと思いました。

報酬をもらえないのならば、やっぱり確定申告の作業はやるべきではないなと思います。時間もかかるし、プレッシャーも感じるし、ミスをすると気まずいし。はっきり言って「ありがとう」の一言で済ませられる仕事ではないと感じます。

昨年まではその「ありがとう」すら言ってもらえませんでした。今年はいろいろゴタゴタしたのでそっけなく「ありがとう」と言ってもらいましたけどね(苦笑)。

あまりにもリスクが大きいので、今後の自営業の手伝い方は考えたいなぁと思っています。


私の青色専従者給与額についてはメインサイトで詳しく書いています。

メインサイト青色申告・節税の専用トップページ

>> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理|青色申告・節税

私の青色事業専従者給与額についてはこちらに詳しく書いています。

>> 青色事業専従者の給与額の覚書

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None