green01.jpg

こんにちは。自営業妻コミィです。

6月は住民税の通知が届く月ですね。わが家にもやってきました。そこで驚いたのが、私宛の住民税の通知が届いたこと。

「あれ~?税金がかからない範囲に青色事業専従者の給与を設定したはずなのになぁ」

金額は均等割のみで5200円。なぜ、均等割がかかってしまったのか調べていたのですが、やはり生命保険料控除が原因でした(涙)

スポンサードリンク

所得税と住民税だと生命保険料控除の金額が違うのです!


住民税の通知を見て、この数字は何だろうって思ったのが生命保険料控除でした。

私が自分で作った源泉徴収票には生命保険料控除の欄には40000円とあります。でも、住民税の通知だと28000円。28000円に見覚えがなかったので調べてみました。

そうしたら、所得税と住民税だと生命保険料控除の金額が違うということに気づいたというわけ。

そういえば、住民税だと控除の金額が少なくなるって私は知っていたわ。だって自分のサイトに書いてあったんですもの(笑)。それなのに、ついうっかり忘れていたというか、頭の中で連動していなかったんでしょうね。

私は93万円以上になると住民税の均等割がかかることを知っていたので、それから逆算して、給与を設定しました。所得税の方では控除を受けると約92万円になるようにしたのです。

所得税と住民税の控除の差は12000円。あ~あ、給与が約2000円オーバーしたばっかりに、5700円の均等割を支払うことになろうとは(涙)。

さらによく調べたら、生命保険料控除には新と旧があるらしい。私は何も考えずに「新」の方で申告したけど、「旧」の方も控除証明書を持っていたのです。

控除額は新だと28000円で、旧だと35000円。あ~!旧の方にしておけば、均等割は来なかったのに~!とさらに落ち込みましたわ。

専従者給与額は夫の確定申告を訂正することになるから無理だけど、生命保険控除の方は私だけのことだから、市役所に行って訂正できるのかしらねぇ。

夫に言ったら、「5200円くらい気にするな。」という答えが返ってきました。たぶん私の話したことの半分も理解していなかったと思うのですが(苦笑)。

5700円くらい気にするなってことは、夫が気前よく支払ってくれると言うことですよね。それならいいかな(笑)。今回のことは勉強料だと思うことになりそうです。

明日は入金や支払いが重なる25日です。今日はこれから夫にたのまれて銀行巡りをしてきます~す。


■ 私の年末調整の詳細についてメインサイトでまとめました。まずは、市役所に提出したところまでですが。節税に失敗して均等割を支払うことになったことはまた別にまとめますね。

>> 青色事業専従者をしている妻の年末調整に初挑戦【2015年確定申告】





スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None