150627-2.jpg

月に1~2回ほど実家へ出かけます。土曜日は夫が仕事なので、子供3人連れて児童館へでかけるか、がんばって実家に行くかのどちらかです。

子供1人の時は実家に帰るとのんびり出来たのですが、3人になるとゆっくりはできません。さらに、出かけるまでが大変なの。洗濯して掃除して子供の着替えなど色々もって家を出られるのは11時過ぎ。

気合いを入れないと実家へ遊びに行くのも面倒になってしまいます(苦笑)

スポンサードリンク

実家に付いてからも大変で・・・。子供達は家の中でじっとはしていられませんから、大抵は子供を連れて公共の遊び場へ出かけます。そこでアイスを食べて、帰りに100円ショップによるというのが長男お気に入りのコースです(笑)。

子供の世話だけでも大変なのに、その間、母のエンドレスの愚痴を聞き続けなければなりません。母は私に新しい出来事をはなしているつもりだと思いますが、私には毎回、内容はずっと同じに聞こえます。

毎回、職場の愚痴ばかりです。60代70代の人がばりばり働いている清掃業界。62歳の母も若手です(笑)。

愚痴の内容は他の人が掃除をしてくれないという内容と、意地悪や嫌がらせをするという内容の2本立て。

「掃除が嫌いなら掃除の仕事をしなければいいのに~」と思いますが、年齢や賃金のことなどから、掃除が嫌いな人でも掃除の仕事に就いてしまうという現実があるようです。

一緒に働く同僚に怒鳴ったり意地悪をしたりと、人間関係も荒れているように思います。

どんな職場にもいいところ、悪いところがありますし、人間関係で悩む方も多いでしょう。それにしても、母の話を聞く限り、こんな人が社会人なのだろうか?と驚くことばかりです。

そんな理不尽な母の愚痴をシャワーのように浴び続け、子供を遊ばせて、自宅に帰り着くともうぐったり。

愚痴を聞くのが親孝行だと思って聞いていますが、母の発する陰のパワーが強いこと!子供相手は疲れますが、子供は明るいパワーを持っていますよね。私は、毎日、子供達の陽のパワーに包まれて暮らしているのだなぁと実感します。

実家に出かけた時には夕方には帰宅して、夕食を作るのですが、毎回夕食をつくる気力がなくなります。予算に余裕があればテイクアウトで済ませられるに、と思うことことも。でも、子供3人連れてスーパーによるとさらに疲れるので、冷蔵庫にある物で手抜き料理をつくるのが一番楽ちんなんですよね。

スポンサードリンク

 タグ
None