150627-2.jpg

国民年金を2年前納した方から質問をいただきました。

毎年少しずつ値上がりしているなら、早めに前納した方がお得なのか?どうやって計算されているのか?疑問に思いますよね。

ちょっと調べてみたので紹介しますね。

スポンサードリンク

まず、グーグルなどで検索すると色々なサイトがヒットするのですが、内容が合っているのかいないのか私の知識だと判断が難しいので、本家大元のサイト「日本年金機構」だけを参考にすることにしました。

H27年4月に2年分前納した場合の保険料についての記載はこんな感じ。

150916-10.png

赤で囲ってみたのですが、2年前納すると366840円支払うことになります。毎月収める場合よりも15360円割引されるそうです。

15360円の根拠は、H27年度が15590円が12ヶ月分、H28年度が16260円が12ヶ月分で計算しているようです。

このことから、H28年度に国民年金が値上がりすることを加味して2年前納の保険料が決められていることが分かります。

※ H28年度は満額なら16660円なのですが、16260円ということは変動率が掛けられているはず。その変動率はいくつなのかは今のところ見つけられていません(逆算すれば出てきますけどね)

この文章はどこから引っ張り出してきたかというと、日本年金機構のサイトからリンクされていた厚生労働省で仕入れました。

↓ PDFファイルになっていてマスコミに向けた文章なのです。

150916-11.png

H27年1月30日付けの文章で、赤線を引いたところに着目してください。

「本日、平成27年度及び平成28年度の国民年金保険料額が公表されたことに伴い・・・・」とあります。

1月末に金額は発表されて、2月末までに前納の申込みをして、4月末に支払うという流れになります。お国がやる手続きにしては、ずいぶんスピーディーだなと感じました(笑)。

国民からお金を徴収するときは素早く動くのかしら?なんてうがった発想をしてしまいそうです(苦笑)。

***

2年分前納したというSサンの疑問が少しは晴れましたでしょうか?2年前納とはすごいですね。

確定申告の時は2年分をまとめて控除してもらうことも、2年に分けて控除してもらうことも出来るそうです。

国民年金の金額の決め方や計算方法も結構面白くて、後でメインサイトの方に記録として記事をまとめようかと思っています。質問していただくと、メインサイト用のネタにもなるし、私の知識も深まるのでありがたいですね。

前回の国民年金の記事でミスがあったので一部訂正しています。

前回の記事
>> 国民年金は来年(H28年度)には月16260円ですって(涙)

私の勉強不足で済みません。H29年度の国民年金の金額は来年1月末に公表されそうですね。物価とか賃金とかを加味して金額を決めているそうです。

1月末といえば確定申告の作業で忙しい時期ですが、国民年金の金額にも着目してみようと思いま~す。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None