ウリ坊の突発性発疹がきっかけで、
隣の母屋に住む義父母とトラブルが発生した我が家ですが、
まだまだ冷戦が継続中です


義父母は私がマメにウリ坊を病院に連れて行かないことに、
以前から不満をもっていたようです。


生後3ヶ月の頃から湿疹に悩んでいたときも、
小児科だけでなく皮膚科に行ったらどうだろうかと
いろいろと口出し・・・いえいえ、アドバイスをいただきましたし。


今回は年末年始に重なったので、
病院にも行きにくかったのよね。


誰もがかかる突発性発疹だったので、
発疹が出てきた時点で安心していたし。


でも、義父母にとってはそうではなかったようです。


母親というものは、子供がチョとでも具合が悪ければ、
病院に行かずにはいられないはず。


というのが義父母の考え。
うちの義父母だけでなく、年寄は病院好きなのかなぁ。


私のほうは、チョッと鼻水が出たぐらいで、
病院にいくのには抵抗あり。
病院にいって薬を飲めばすぐに回復するという考え方にも疑問。


病院にいくと、かえって他の病気をもらってきそうで・・・
事実、オムツかぶれで病院に行ったら突発性発疹をもらって帰ってきたし。


義父母が言うには、ウリ坊が元気がない原因が分かるまで、
何件でも病院を回って、詳しく先生に症状を説明するべきだそうです。


ていうか、突発性発疹の後は1~2週間くらい本調子じゃなくても
普通じゃないかなぁ。ネットで調べても同じような症状の子が多いし。
元気がないと言っても、グッタリしているわけではないのよ。


まあ、私に対しては他にも不満があったのでしょうが、
病院にマメに連れて行かない私に対して、
義母が言った一言がすごい。


「子供を殺すつもりなんかい」


ですって。


母親としての愛情を疑われてしまったようです。
でも、嫁とはいっても他人の私に、
こんなすごい言葉を言えるなんて私の常識を超えた発言でした。


ちなみに、うちの義父母は一般常識は十分備わった方です。
だからなおさらビックリですわ。


うちは国保で世帯主は義父なので、
私やウリ坊がいつ病院に行ったのかのお知らせが、
義父に届いてしまうのです。


義母はそれをチェックしていて、
私が病院に行かなすぎると判断したみたい。


隣に住んでいるから、いつ出かけたのかもチェックされているし。


ごまかしがききません。


それにしても、私が育児放棄をしているように見えたのかしら。


私は妻としても母親としても普通の生活をしているつもりなので、
私に対してそういう評価がなされたことがショック。


言われた後2日間は、思い出すたびに涙があふれてきて、
悔しく悔しくてたまりませんでした。


3日目になるとすっかり回復して、冷静に分析できるように。
そして、旦那さんがあきれるぐらい私の中では消化されてしまいました。
B型だからかしら。


それにしても、言葉の暴力ってありますね。


私もチョッと言葉が過ぎてしまうことがあるので、
気をつけようと思います。



メインサイトに新しい記事をアップしました。
 ↓↓↓
不況を乗り切る情報収集



ランキングに参加中です。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
ranking


自営業妻のお仲間が増えるとうれしいな。コメント・リンク大歓迎です。

メインサイト→DOROBUNE自営業妻の家計管理で安定生活
家計管理・貯金・投資・節税等を紹介する自営業家庭応援サイトです。









スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None