180215-1.jpg

こんにちは。自営業妻コミィです。

長男が来年度から使う裁縫セット(ソーイングセット)の申し込み用紙を学校から持ち帰ってきました。なんと申し込み封筒が4種類も。

それぞれ別の取り扱い店で、学校納入業者も激戦ですね。きっと小規模な小売業(自営業)なんだろうな。

学校斡旋のものは封筒にお金を入れて申し込むだけなので手間がかかりません。他の子と同じという安心感もあります。

最近はネット通販(楽天とアマゾンが好き!)もあるので、つい値段を比べてしまいませんか?私の周りでも、学校では買わずに、ネットで買うという方、結構多いです。

楽天とアマゾンをぐるぐるしてみたのですが、安いものは見つかりませんでした。1000円以上安くなるならネットにするつもりでしたが、このくらいの差なら学校斡旋で手間を省くことにしました。



学校斡旋の注文用紙を見比べてみると、は一番安いもので3280円、高いもので3850円でした。違いは外側の入れ物です。トートバッグ風やミニボストン風、ポーチタイプなど色柄豊富になります。

実物は授業参観の時に展示されていて確認済みなのですが、大きめのペンケースぐらいの大きさでコンパクトなのに驚きました。絵の具セットを見た時にもおしゃれなのに驚いたけど、裁縫セットが驚き具合は一番かも。

セットでも買えますが、外側の入れ物と中身は別々に注文できます。中身と入れ物は別の封筒で頼んでも大丈夫なのです。

180215-2.jpg

中身はどれも似たり寄ったり。長男は左利きなので、左利き用の糸切ばさみがあるセットにしました。裁ちばさみは右用と左用が4社とも選べるのですが、左用の糸切ばさみは1社だけ取り扱っていたのでそこに決定。

外側のポーチは本人の希望でadidas(アディダス)に。いつも「なんでもいい」と興味を示さないのに珍しい!他のものよりも200円くらい高かったのですが、気に入ったもののほうが大事に使ってくれそうだと思ったので奮発しました(笑)。

合計金額は3860円になりました。3000円くらいで済むと思っていたので大きな出費です。学校にかかわるお金は積立方式で準備しているので、今月の生活費には影響ありません。

一応、夫と長男のいるまで普段使いの財布からお金を出して「急な出費は大変だわ~」というアピールはしておきましたよ(笑)。こうやって見せないと伝わらないですからね。

裁縫セットを安く済ませるのならば、中身のセットだけ買って、外側の入れ物を自分で用意するとよさそうです。

専用ポーチは内ポケットに裁ちばさみが収納できるようになっているデザインが多いので便利そうなのですが、ミニトートバッグなどでも十分代用できると思いました。

私(40代)の時代の裁縫セットは1種類で、箱の柄が男の子用と女の子用で違うだけでした。

180215-3.jpg

何と、今でも使っています! ハサミやりッパーもその当時のものです。

ハサミの左側の道具は「くげ台」と「ひっぱり器」で、和服を縫う時に使うもののはず。セットに入っていましたが一度も使ったことがありません。

長男にも裁縫セットを大事に使ってほしいなと思います。

メインサイト関連記事

>>> 学校の集金は突然に!慌てず支払えるよう積み立て方式を採用








スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None