わが家は旦那様の両親と同じ敷地に住んでいます。
建物は別ですけど。


今年に入ってからいざこざがあって、
今は会えば挨拶をして月1で遊びに行く程度。
それまでは、毎日のように2~3時間ウリ坊を預かってもらっていました。


幸か不孝か義父母は旦那様とケンカしたので、
嫁の私とは普通に会話をしています
昨日も、水道代を支払いに母屋に行ってきました。
そして、ウリ坊と一緒に2時間ほど滞在。


その間の会話は、ウリ坊の成長について。
話せるせるようになった言葉とオムツはずしの話題ですよ~。


ウリ坊は言葉は遅めで、未だに「パパ・ママ」を言いません。
良く言うのは「まんま」「はい、チーズ!」「うまい」「痛い」です。
男の子は言葉は遅いことが多いそうですし、
こちらの言う言葉はかなり理解しているの気にしていないのですけど。


義父母は「パパ・ママ」を言わないのはおかしいと心配な様子。
最近言えるようになった「はい、チーズ」を披露して、
なんとか納得していただきました。


次の話題はオムツはずし。いつするのかですって。
まだ1歳半なんですけど~


友人の子は3歳でオムツはずしをしたので、
まだ先だとのんびりしていたのですが、
なんとうちの旦那様は1歳半でオムツをはずしたそうですわ。


ちなみに私は2歳になる直前だったそうです。
昔は布おむつだったからね~。


暖かくなるとオムツをはずしやすいから、
これからがんばってやるようにって言われてしまいました


私はもともと優等生タイプなので、
期待されるとがんばりたくなってしまいます。


勉強や仕事なら自分ががんばればいいだけ。
でも、育児って、私ががんばってウリ坊にやらせるってことでしょ。
なんだか、がんばることに違和感を感じちゃいます。


そんなに、がんばって言葉を言うように教えたり、
オムツを早くはずそうとしなくたって良いんじゃない?


私って、やる気なさすぎがしら。


義父母も私を追い詰めようとして言っているわけではなく、
アドバイスというか世間話のつもりなんでしょうけど。
やはり、嫁としては義父母からのプレッシャーを感じますね。


旦那様が義父母とは係わるな!って言っているし、
今のところ月1回、水道代(国保も)を渡すだけの付き合い。
早く仲直りしたいなぁと思うこともあるけれど、
ウリ坊を見てもらえる半面、他のストレスも多いしねぇ。


義父母とケンカしてから、
旦那様が育児をとてもよく手伝ってくれるようになったので、
夫育てのためにも、この適度な距離は必要かも。


もう少し、ダメ嫁を続けさせてもらいます。


★メインサイトに新しい記事をアップしました→節約ターゲットは抵抗勢力
   

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None