food-1

日曜日の朝食に、フレンチトーストを作りました。
レシピはレタスクラブ(700号)に載っていた
「ホテルオークラ風フレンチトースト」。


パンの厚みは3センチくらい。
前の日から卵液につけて準備しておきました。


弱火でじっくり焼いて、プルンとした食感になるのが特徴です。
なんとホテルオークラで食べると2ピースで1785円。


マーガリンとシロップをかけて食べました。


本当に食感がプルンとしています。
2ピース(写真の量)を食べて、ちょっと胃もたれが…


甘党の旦那さまも2ピースで十分とのこと。
ウリ坊は一口だけで、手をつけず…


旦那さまは、もっとパリッとした感じのフレンチトーストが好みみたいです。
私はよく考えたら、きちんとしたフレンチトーストを食べたことがなくて、
比べようがないのですが… これはこれでおいしいなぁって思いました。



旦那さまは平日の朝食は起きてすぐなので、食欲がなし。
ご飯とシーチキンとマヨネーズを食卓に出せばOKという楽チンさ。
(私は、ご飯・お味噌汁・常備菜・夕食の残りとしっかり食べますけど。)


休日の朝は、起きてから時間が空いて朝食になるので、
いつもよりもボリュームをアップします。
フレンチトーストを休日の朝食の定番にしてもいいかもしれません。


別のレシピでも作ってみて、試してみたいなぁって思ってます。
フレンチトーストの卵液は、卵・牛乳・砂糖が材料だから、
意外と手軽にできるんですよね。


クックパッドで検索してみよっと。



スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None