うちの旦那さま。
一般家庭のお宅へ修理へ伺うと、よくお土産をもらってきます。


多いのは、飲み物類。
ペットボトルのお茶とか缶コーヒーなど。
お茶菓子も多い。


それから、自宅の畑で取れたという野菜のときも。
大根、きゅうり、ナス など。


先日は、パックに入ったトマト。
家族で食べるために買ってきたんじゃないのなぁ。
冷蔵庫をあけて、お土産になりそうなものを捜す、
お客様の姿を想像してしまいました。


田舎のせいもあるのでしょうが、
自宅に修理に来てもらった職人さんに
お土産を用意してくれる方が多いのには驚きます。


きちんと修理代をいただいているのだから、
あんまり気を使ってもらうのは申し訳ない感じです。


我が家でも、材料屋さんの営業マンとか、職人仲間が来たときのために、
冷蔵庫に缶コーヒーを準備していたことありました。
1缶50円以下のものを箱買いしておいたのね。





でも、結局、旦那さまが飲んでしまって、ストックがどんどんなくなるの。
旦那さまは「どうせ経費で買ったんだろう」って気兼ねなく飲んじゃうよ。
お客様が来たときには、なくなってしまっていたりして。


私も「これはちょっと問題だなぁ」って思うように。
経費の無駄遣いというより、
日々、食費を節約している主婦にとっては横領といってもいいくらい。


旦那さまの横領(?)はやめさせられそうになかったので、
缶コーヒーのストックはやめてしまいました。


缶コーヒーの箱買いを始めたばかりの頃だったので、
意外とすんなりやめられたのはよかったです。


私の場合、我慢して我慢して爆発するっていう感じになることが多い。
時間がたってしまうと、習慣化してしまい、当たり前になってしまいます。
そうなってから、やめるというのは旦那さまから大きな反発を受けることに。


何でも、早め早めの対処が肝心ですね。
我慢をしたり、旦那さまの気づかないところでやりくりするのも、
いい面と悪い面があるんだなぁって思ったエピソードです。

スポンサードリンク

 タグ
None