自営業妻になって、まだ5年目の私ですが、
仕事の業績がいい年、悪い年、一通り経験してきました。


実際には、悪い年・トントンな年・まあまあな年の3種類くらいかしら。
細かく分ければ、
どん底の年・悪い年・トントンな年・まあまあな年・ウハウハの年と
5段階くらいに分けられるかも知れませんね。


実際のところ、わが家の今年はまあまあな年だったように思います。
去年はトントンな年。一昨年は悪い年でした。


さて、来年はどんな年になるでしょう。
私の予想だと「悪い年」です。


なんで、わざわざ悪い年だって予想するの?って
思われる方がいるかも知れませんね。
別に、悪くなるように願っているわけではないですよ、念のため。


でも、ずっとよい業績が続いていくというのは考えられないし、
そう思っているようなら危機管理がなってないともいえます。
いい年ばっかり続かないぞ~っていう戒めをこめて、
来年は「悪い年」と予想してみました。


業績の悪い年をどう過ごすかってとっても難しい!


まず、夫婦バトルが頻発します。
お金のことでイライラしている上に、
「仕事がヒマ=旦那さまがずっと家にいる=家事の負担が増える」
という、自営業ならでは図式があるからです。


旦那さまが家にいて、毎日お昼ごはんを作るというのは苦痛です。
かといって、外に遊びに行ってもらうお金もありませんしねぇ。


私がこんなことを考えるのは、ウリ坊が産まれた後の1年を思い出してのこと。
子供を生んだ後って、ホルモンバランスとかもよくないようで、
ものすごく感傷的な一年を過ごしました。
自営業の仕事はないし、お金もない。
嫁姑問題は起きるし、慣れない育児。


もう少しで第2子が産まれるわけだけど、
またこんな一年を過ごすのかなぁって思ったら、
一足早く、マタニティーブルーになりそうだわ。


私が自分お都合のいいところだけ参考にしている(笑)、六星占術でも、
大きな運気は12年周期ですが、その中で3年づつよい年や悪い年が交互にやってきます。


業績の「まあまあな年・トントンな年・悪い年」これがクルクル回っているとすると、
やっぱり来年は覚悟しなければなりませんねぇ。


ちなみに私は六星占術では「金星+」で来年は中殺界の乱気です。
旦那さまは潔癖で正義感が強いとされる「土星-」ですが、
数奇な運命をたどるという「霊合星人」なので、運気がいいのか悪いのか分かりにくい。





とりあえず、自分の分だけ本を購入しました。
旦那さまの分はどうしようかなぁ。
本当に零合星人というのは本を読んでもよく分からん。

スポンサードリンク

 タグ
None