11月末の分までやっと帳簿入力が終わりました。
11月に発行した請求書を売掛帳に入力して、
今年の売上高を確認したら、900万円弱。
これなら、1000万円以上で課税される消費税の心配はなさそうです。


旦那さまにそれを伝えたら、12月はそれなりに仕事があるみたいで、
ギリギリかもしれないなぁと言ってます。
1万円超えただけで、消費税を12~15万円払うことになるので、
年末ギリギリまで油断はできません。


わが家の過去最高の売上高1200万円。
でも、旦那さまが一人でやっているので、1000万円を超えてくると、
どうしても外注が増えて、利益率が下がります。
旦那さまも忙しくて大変です。


程よく家族の時間が持てて、
安定した収入が得られるのは売上高1000万円前後。
売上高800万円以下になると生活費が足りなくなります。


毎年、どうしても売上は前後してしまいますが、
わが家の場合、1000万円弱が理想です。


*************************


しばらく下火だった旦那さまの浪費グセが再燃してきたので、
やはり前々から考えていたことを実行することにしました。


それは何かというと、タイトルにあるとおり「大政奉還」です。


つまり、お金の管理権を旦那さまにお返しすることにしました。


1年ほど前から検討はしていたのですが、どうしても決心が出来ませんでした。
一度手に入れたものを、手放すのはとっても難しいことです。
何しろ、無理やり奪い取った権利ですからね~(苦笑)。


いろんなことが重なって、大政奉還をするのにはいい時期かなと思ってます。
出産が年末にかかる可能性があるので、
どちらにしても12月は通帳やお金を旦那さまに預けることになりますし。


私が管理していた自営業の通帳と、個人名義の通帳の両方を
旦那さまにお返ししました。
私は食費と日用品代の現金で使う生活費だけを受け取るパターンにして、
しばらくやっていこうと思っています。


メインサイトでも、「お金の管理は誰が担当?」というページで、
夫中心、妻中心、夫婦で分担の3パターンを紹介しています。
今回、わが家は夫中心パターンに挑戦です。


結婚5年にして、3パターンすべてを経験することになりました


毎回、お金の管理権のやり取りがあるときは、
我が家では大規模な夫婦バトルが繰り広げられます。
その結果、「それなら勝手にすればいいじゃない」って、
どちらかが逆切れするパターンで、権利が移動していくのよね。
お互いに不満だらけのスタートです。


でも、今回は違いますよ。
史実の大政奉還と同じように、江戸城の無血開城です。
夫婦バトルなく、速やかに権利の移譲が完了いたしました。


いつ産気づくかも分からないから、通帳を渡しておくね~。
赤ちゃんの世話が大変になるから、自営業のお金の管理はしばらく任せるわ~。


これで、済みました。


帳簿付けは今まで通り私がやるので、
旦那さまがどうお金を使うかは、私には筒抜けなんですけど


詳しい内容については、メインサイトで記事にするか、
その時々でブログで紹介していきたいと思っています。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None