月末の支払い用のお金が、なんともう準備されています。


ウリ坊を保育園へ送っていき、パソコンの電源をいれて、
ほっと一息ついたころ。


8時にお見送りをして出勤したはずの旦那さまが、
9時過ぎに、もう帰ってきました。


銀行にいってお金を下ろしてきたらしく、リビングで仕分けをして、
何も言わずにキッチンカウンターの上においていってしまいました。


材料屋さんへの支払いが10万円くらい。
4月はほとんど仕事がなかったから少なめですね。


そのほかに、固定資産税と軽自動車税の通知書が入った封筒にもお金。


固定資産税なんて、4期に分けて支払えるのに、
全期分のお金が準備されていました。
(全期分払っても5万円以内だけどさ)


昨日は家族でショッピングモールにでかけて、
ウリ坊と赤ちゃんの洋服など5000円くらい支払いしてくれました。


お昼の外食代も支払ってくれたし(2000円くらい)、
ウリ坊は仮面ライダーのメダル(1000円くらい)も買ってもらっています。


そんな余裕、どこにあるのかしら?
通帳の残高や仕事の入り具合を考えると、
かな~りギリギリなはずなんですけど…。


わが家では夫がお金の管理をしていますが、
私も自営業の帳簿付けをしているので、
どれくらいの収入や支出があるのかは把握しています。


やっぱり1ヶ月仕事が途切れたのでは、危機感が薄いみたい。
わが家の場合、1ヶ月仕事がなければ、翌々月の生活費に響いてきます。


生活費が足りないなぁって思うころには、仕事量が回復しているので、
これからお金が入ってくるから大丈夫だと思ってしまうんだろうなぁ。


具体的に言うと、4月は仕事がなかったけど、5月はぼちぼちありました。
6月の生活費工面が大変になったわけだけど、
5月は仕事をしていたからそれほど危機感もなく、
6月の途中からは5月の仕事の収入が少しづつ入ってくるから、何とかなることが多い。


よって旦那さまに危機感を持ってもらうには1ヶ月以上、
仕事がない期間が必要だというわけです。


ちょっと不思議に思われるかもしれませんが、
私は旦那さまに「お金の苦労」をしてもらいたいと思っています。


できるだけ早く、子供が小さいうちに。


今年のように震災を経験したりすると、
「何とかなるさ!」ではどうにもならない時が必ずやってくると感じます。


貯金は絶対あったほうがいい。

わが家の年商は毎年1000万円前後。
利益率から考えると、税込み350~450万円くらいなので、
サラリーマン家庭なら手取り年収300万円台。


子供は小さいから、旦那さまがその気になれば年100万は貯金できるし、
少なくても50万円は堅いはず。
なのに、旦那さまの浪費のせいでわが家の貯金は増えません。


旦那さまがお金の苦労を経験して、お金のありがたみを実感できますように!
そのためには、仕事が1ヶ月以上途切れたっていいんじゃない?なんて思っています。


結婚当初から、お金をめぐって夫婦げんかもしたし、プチ家出もしたし、
これ見よがしにパートにも出たりしたし、私からはいろいろアプローチしてきたけどね。


やっぱり、外から何を言われてもダメなのよ。うちの旦那さまは。


お金をよく考えて大切に使うだけ、貯金なんて難しいことでないはずなのにね。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None