いつも破天荒なうちの浪費夫。
まだ車を買う夢はあきらめていないよう。


まるで私のほうが悪いかのような態度で、
最低限のことしか話してきません。


毎度の夫婦バトルで経験していますが、
いつも責任のすり替えが上手いのですよ。うちの夫。


どんな理由でけんかをしても、
最後は私が悪いというような結論になるんです。


でも、今回は負けませんよ。
夫には「金の亡者」といわれ
義母には「貧乏人の娘」といわれ、
「金に意地汚い」と思われている私ですが…


なんと言われようと、私はお金に対してはシビアにいきます。


昨日の記事にコメントありがとうございます。
応援してもらえると、がんばれます。
家にいると、なぜか私が悪者だからねさぁ。


***


なぜ、突然、車を契約する寸前まで行っているかというと、
特別減税のせいなんです。


来年3月まで、取得税と重量税が割引されています。
金額は75%引きらしい。


見積書を見ると、取得税が35800円、重量税が15000円とあるから、約5万円。
もし、減税が終わると、15万円くらい負担が増えるということですね。


15万円は大きい金額ですから、魅力的。
でも、金利は40万円以上ですからね。どうなの?


夫がほしい車。
ヴェルファイアというのですが、
ほとんど受注生産みたいな感じで、
今頼まないと、3月には間に合わないんだって。


近々、マイナーチェンジを予定しているらしくて、
まだ未発表なんだけど、お客様だけには教えちゃいます。
ですってよ。


まあ、それが営業マンのセールストークだからね。
私、ディーラーで営業していたから分かります。


タイの洪水でナビが欠品する可能性があるとか、
いろいろ脅してくるけど(私には脅しにしか聞こえない)、
ナビなんてなくても車は登録できるのさ。
減税には影響ないでしょ。


つまり、今すぐ注文しないとお得でなくなってしまうというのが、
夫をせかしている要因なわけです。


車はずいぶん前からほしいといっていました。
いつもお付き合いのある信用金庫さんに相談したら、
200万円くらいまでなら借り入れができますよという返事。


それならば、がんばって100万円貯めて、
来年か再来年には300万円の車を買おうね。
という感じの会話を夫婦でしていたのです。


私は軽自動車で十分なタイプだけれども、夫は違います。
5年もガマンしてきたし、夫の価値観にも理解を示したい。
そう思って、がんばって100万円貯めようねと励ましていたのです。


車のためなら、夫も貯金が出来る体質になるかもって願いをこめて。


実は来年にはリフォームローンが終わって、
住宅にはお金がかからなくなるので、
200万円のローンは大丈夫だと私は考えていました。


し・か・し !


今すぐ注文しないと間に合わない!
というヴェルファーレが登場したからさあ大変。


旦那さまの今すぐほしいという気持ちに火がついたって言うわけです。


営業マンが「残価ローン」というのを勧めてきて、
5年後に100万円の残価設定をすれば、
月々の支払いが軽減されます。ですって。


旦那さまはコレなら払えるって思ったらしいけど、
5年間ローンを支払った上に、まだ100万円も残っているのよ。
自分のものにはならないの。
こんな恐ろしいローンになぜ気づかないだろう。


もし5年後に100万円用意が出来なかったら、
さらにローンも組めるし、下取り価格が100万円を上回っていれば、
車を返すことも出来ますですって。


うちの旦那さま、営業トークにダマされまくり。


5年後にローンを組んだら、計7年のローンになるし。
その頃には、買った車に新車の頃のような輝きはないのよ。
もっと新しいいい車が出てて、ただの中古車。


さらに5年後に手放せばって!どういうこと。
車ってのは買ったからには10年以上乗りつぶすのが一番得なの。
5年も高額なローンを払って、手放すなんてもったいないでしょ。
あほ営業マン。あほ旦那さま。



どうして気づかないのかしら?


負のスパイラルの中にいることに。



あほな旦那さま。今まで一度も貯金したことがないのに、
5年後までに100万円貯めればいいんだろ?ってのたまいました。



ローンを払いながら、お金を貯められますか?
今まで貯金が出来なかったのに、
どうして都合よく考えるのかしら。



旦那さまは、どうせ乗るなら気に入った車で、他の人と同じでは嫌なのね。
洋服を選ぶときも、食べ物を選ぶときでも、
どうせ買うならと高いものを選びます。



車の予算が300万円だったはずが、
いつのまにか400万円のヴェルファーレになってるし。



どうせ買うのだから100万円くらいオーバーしても…
という理論なんでしょうけど。



どうして、気づかないのかなぁ。
その100万円が命取りになるのよ。
いままで100万円貯めたことがないあなたが、
どうしてたかが100万円といえるのかしら。



営業マンの言葉は自分に都合がいいので耳に入ってくるけれど、
妻の言葉は自分に都合が悪いので、スルーされてます。


貯金が出来る人と出来ない人の差って、
本当にシンプル。


気づくか気づかないかだけ。


こんなに恐ろしい負のスパイラルの中にいるのに、
うちの夫、車がほしくてほしくてウキウキ羽がはえたよう。



本当にあほです。



浪費家の生態って本当に不思議。
自分の中にいるもう一人の私が、
「浪費家って変な生き物だわ。もう人種が違うというか、宇宙人みたい」
って冷めた目で見ている感じ。


家族だから傍観しているわけにいはいかないけど、
お金の怖さと大切さに気づくだけなんですけどね。
なぜ気づかないのかなぁ。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None