クリスマスの3連休が終わりました。
もう今年もあとわずか…



週末に何とか年賀状を完成させて投函してきました。



年賀状はデザインを考えるのが大変。
今年はスタジオアリスで写真撮影したし、
一眼レフカメラを買ったりしたので、
いい写真がたくさん。


去年までは写真の枚数はあるけど、
使える写真はほとんどない状態だったので、
写真選びからうれしい悲鳴でした。


写真5枚を組み合わせて、
デザインを整えて、
旦那さまにOKをもらって印刷。


な・の・に!


宛名を書くときに
今年のお正月にいただいた年賀状を参照していたら、
他の方のステキな年賀状を見て、
旦那さまがウチのはダサいみたいなことを言い始めた…


それはもちろん、
年賀状印刷をプロに頼めば、
私がやるよりもステキなデザインがあるよねぇ。


旦那さまは写真が斜めになっていたり、
動きのある感じが好みみたい。


私は特別なソフトは使わずに、
エクセル(表計算ソフト)で作っているので、
カクカクした感じなのね。


使い慣れたソフトを使ったほうが時間短縮だし、
外注すればお金もかかるしねぇ。




コレくらいならか買えるかな。
デザインの参考にもなりそうです。


私がいつも利用しているのはキャノンの無料素材サイト


旦那様の仕事用の年賀状もこのサイトの素材で作成しています。
いろんなテイストの素材があるのでお勧めです。
なにしろ無料ですし


私の年賀状のこだわりは、
宛名は手書きにすること。


私自身、表も裏も全部印刷の年賀状はなんだかさびしいと感じるタイプ。
せめて宛名は手書きで丁寧に書きます。
達筆ではないけれど、なんだか気持ちが伝わるような気がするので…


***


いつも思うのですが、
文句を言うのって簡単ですよね。


うちの夫みたいに、
OKを出したくせに、デザインがダサいとか言う人もいるし。


夫は簡単にけなすけど、
年賀状を作るには結構な手間がかかっています。


写真を選んでトリミングしたり、
色調を調整したり、文字を入れたり。
素材サイトでイラストを選んでダウンロードして、
デザインを考えて…


外注してお金を出せばもっとステキな年賀状が出来るのはわかっています。
でも私は多少ダサくても自分で作って節約をするのが好きなのです。
その作業も楽しいし、節約になると思うともっと楽しいというタイプ。


そういう気持ちが共有できないのは、
一緒に暮らしていて、残念だなぁと感じるところです。


さらに、後で文句を言うのも嫌。
職場で飲み会の幹事をしたりすると、
結構文句が出るでしょ。
場所が悪いとか段取りが悪いとか…



でも幹事の方はいろいろ考えてやっているのよね。
文句を言うのならば自分でやればいいのに!っていうと、
面倒くさがってやらない方がほとんど。



面倒なことをやってもらっているのだから、
後から文句を言うのはNGです。
私は最後に幹事の方に、
お礼や感謝の気持ちを伝えることにしています。



自分でやってみると分かるのよね。
本当に大変で、皆を満足させるのは難しいのです。


私がウリの出産直前まで働いていた会社は転勤が多くて、
歓送迎会がいっつもあるの。
何度か幹事をやって、大変さが身にしみているので、
ママ友の集りを仕切ってくれるお友達にはいつも感謝しています。


***


忙しいときに限ってハンドメイドをしたくなります。
テスト勉強のときに限って掃除をしたくなった学生時代。
現実逃避なのかしら。


b111224-3.jpg


年賀状が完成していないのに、先週作ったもの。


冬用のシュシュを2種類。
私は髪量が多いので、大きめに作ります。



それから人形のお洋服。
メイのクリスマスプレゼントはメルちゃんというお人形にしたので、
その子のお洋服を。



写真を撮ったときはサンタさんがくるまえだったので、
しまじろうのパペットにモデルをしてもらいました。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None