本日、住民税(市民税・県民税)の通知が届きました。


中をあけてビックリ!
すっごく税額が少ない。


よ~く、確認すると、
夫の分ではなく、青色専従者で働いている私宛の通知でした。


私の給与額は、
税金を支払わなくてもいい範囲で納めているつもりでした。
所得税は支払っていません。


さらにここ2年、同じ専従者給与で確定申告していて、
住民税の通知が届いたのは今回が初めてです。



通知書の中に、
「平成24年度からの税制改正について」というお知らせが入っていました。
内容は、私が知っている範囲のことで、
今年、確定申告したときにも調べて納得しています。


扶養控除が廃止されたり、減額されたりするので、
年収400万円の子供2人のモデル世帯で、
年間71000円の増額になりますと、
記載がありました。


私の場合、子供を扶養扱いにしたことはないのになぁ。
なんで、住民税がかかるようになったのかしら?


そういえば、
実家の母も、住民税が値上がりしたと言っていました。



母は一人暮らしで、扶養家族はいないので、
増税の対象ではないと考えたので、
「収入が増えたんじゃない?」って答えておいたのです。


扶養家族がいない、私や母にも増税になるような税制改正だったのかしら?


もう一度、しっかり調べなおさないといけませんねぇ…。


それにしても、税金を払うつもりがなかったので、
キチンと生命保険控除をしていませんでした。


今からでも、役所に行けば訂正できるけど、
給与明細とか自分で作らなければならないと思うと、
訂正するのも面倒です。


自営業なので、会社員の妻よりは
税金には詳しいつもりでいましたが…
毎年、新しく知ったり驚くことが出てきます。


この住民税の増税、
もしかしたら、国保にも影響があるのでは?
いまからヒヤヒヤしています。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None