前回の続きです。
これから青色申告を始める方への具体的なアドバイスをいくつか。


私は、超節約でほとんどお金をかけずに青色申告を始めましたが、
最初はあっているかどうかもわからないので、
プロのアドバイスがあると安心ですよね。


まず、税務署の無料セミナーを活用する。
白色申告の頃は、セミナーのお知らせがよく来ていたので、
お知らせをもらったことがない方は、
税務署に電話をしてセミナーの有無を聞いたり、
通知を送ってもらえるように頼んでみるといいと思います。


***


「やよいの青色申告」を使うのなら、
有料の会員登録をすれば、記帳についてわからないところを聞けます。
年間1万円くらいだったかなぁ。
最初の一年目はわからないことだらけだと思うので、
会費分は十分元が取れると思います。


有料会員になると、常に最新のソフトにアップグレードできるのも魅力的。


私はいつも無料のグーグル先生に頼っていて、
ソフトも3年間、アップグレードしてないけどね(苦笑)。




***

簿記3級のテキストを読んでみる。
私は簿記3級の資格を取りましたが、
資格は取らないまでも、テキストを一通り読むと、
帳簿付けや確定申告の流れが理解できますよ。



***


イータックスで確定申告すれば、
入力ミスがあったり、間違えがあれば、送信できないので、
大きなミスは防げると思います。


私が始めてイータックスをやった3年前は、
添付ファイルをつけてから送信したりと面倒だったけど、
今ではとっても丁寧な説明付で簡単になりました。


帳簿類の提出もいらないので
(保管の義務はあります)
初心者こそ、イータックスがお勧めです。


***

商工会議所や青色申告会を活用する。
これもすでに所属しているのならばバンバン活用したほうがいいです。
会費が発生するのですから、元をとるぐらい利用しましょう。
わが家は入っていませんけど…
水道屋で入っている所って少ないみたい。


***

よい税理士さんを見つける。


私が税務署を通じて知り合った税理士さんは本当にいい方。
無料相談とはいっても、
税務署が税理士さんに報酬を支払ってくれているみたい。


どんな質問にもすらすら答えてくれるし、
具体的な事例や体験談も話してくれるので実践的。


もし、わが家が手広く商売をするようになって、
私の手に負えなくなったら、絶対にこの税理士さんに頼もうと思っています。
(そんな日が来るのかしら?


毎月の記帳を自分でやって、確定申告の作業を税理士さんにお願いすると3万円から。
毎月の記帳もすべて税理士さんにお願いすると10万円から。と言っていました。


一度、消費税の申告でわからないところが出てきて、
パソコン入力方法のミスを見つけてもらいました。
2時間ほどで5000円支払って解決できましたよ~。


みかんどんサンは5万円とのことだったので、
主に確定申告の作業だけをお願いしているのかしら?


まず、経理をキチンと把握したいのでという理由で、
会計ソフトを「やよいの青色申告」にすると税理士さんに伝えて、
毎月の記帳は自分で行うことにします。


そのデータをもとに確定申告の作業を税理士さんにお願いするという形をとったらいいと思います。


それで1年やってみて、税理士さんにあうときにはいろいろ質問してみて、
自分でもできそうだなぁと思ったら次回からは独力でがんばってみるとか。


ただ、心配なのは、
みかんどんサンが私のつたないブログに質問してくるところをみると、
その税理士さんって提案力が足りないのかなぁと思います。


「こうすればもっと節税できますよ~」というアドバイスがないのかしら。
65万円の控除ではなく10万円の控除をずっと受けていた件にしても、
こういうソフトを使って複式簿記を作成すれば、
65万円受けられますってアドバイスがあってもいいと思うのよね。


今はパソコンで調べれば何でもわかる時代だから、
税理士さん側が情報を隠しておいても何のメリットもないと思うんです。


私が相談した税理士さんみたいに、
パソコン記帳やイータックス等をフォローしてくれる税理士さんって
少ないのかなぁ。


いろいろ質問してみて、
自分が納得する答えが得られないようだったら、
5万円はもったいないと思います。


自営業をしていると、
いろいろ付き合いがありますから、
お断りするのも気が重いかと思いますが…


まずは、せっかくご縁があって知り合った税理士サンなので、
みかんどんサンのほうからもいろいろ発信してみて、
自分の意見や求めることを言ってみるといいと思います。



言葉にしないと伝わらないことってたくさんあると思うので。
この人は面倒な顧客だなぁと思われたほうが、
大切にしてもらえたりすることもあるし。


というわけで、まずやることは…


税務署に電話をして、
無料セミナーの確認をしましょう。



まずはお金のかからないことから!
税務署の方も確定申告の時期以外なら、
丁寧に相談に乗ってくれますよ~。
(確定申告の時期は忙しいので嫌がられます

スポンサードリンク

 タグ
None