確定申告が終わる5月~7月は納税通知書がジャンジャカ届きますね。
自動車税や固定資産税は会社員家庭でも関係ありますが、
自営業の場合は、住民税と国民健康保険もプラスされて、
「ひえ~・・・」と恐怖の時期です(笑)。



わが家の場合、住民税はすでに通知が来て、
後は国保を待つばかり。
金額が一番大きいので税金の通知のメインディッシュは国保だわ。
他は前菜といったところかしら。



今日は、キチンと納税したかしら?ってドキドキすることがあったの。



産後1ヵ月検診の帰りに、
第三子出産祝金10万円の手続きにお役所へ寄ったの。



同じ役所内だから何でも勝手に調べてくれればいいのに、
そういうわけには行かないらしく・・・



まず、申請窓口のこども課へ。
書類に印をおしたりして申請書類を作成してもらいます。



次に、子供が三人いることを証明するために市民課で戸籍謄本を取得(450円)。
こども課の保育園担当部署に行って、一人目と二人目の保育料の滞納がないかチェック。
小学生の子供がいる場合には給食費の滞納がないかもチェック。


次は、市民税課に行って、各種税金の滞納がないかもチェック。
水道料金の支払い状況も調べるようですよ。



ベビーカーを押しながら役所内をグルグル回ってきました。
回りながら心配になったことが。キチンと納税しているのかしらって。



自動車税と固定資産税は旦那さまに頼まれて私が支払いにいった記憶アリ。
でも住民税の記憶がないの。
住民税のことは、そういえば6月末に1回目の支払いがあったはずって、
急に思い出したような状態。



6月は出産で入院していたりとバタバタしていたから、
私の中から住民税のことは消え去っていました。



ドキドキしながら市民税かに行ったら、
無事というかキチンと納税されていました~。
旦那さま、ギリギリの7月1日に支払いを済ませておいてくれました。



先月末は入金がないと材料代の支払いができないぐらいギリギリだったのよね。
住民税もギリギリセーフで支払ったようです。



市民税課で検印をもらって、こども課に戻って書類を提出。
無事に手続きを済ますことができました。
来月末に10万円が振り込まれるそうです。



今回のお祝い金でも、児童手当でも、支払うべきものを払っていないと
受け取ることができません。納税は国民の義務ですものね。
でも、これって結構怖いなぁと思います。



自営業だと「お金が回っている」と感じることが多い。
入金がないと月末の支払いができないわが家のような自転車操業の場合、
どこかでお金がストップしてしまうと、
あっという間にお金が回らなくなってしまいます。



そうすると住民税や国民年金など、どうしても後回しになってしまうかもしれません。



会社員だと失業すると前年の所得にかかわらず国民年金の免除申請ができるのね。
役所の張り紙(ポスター?)にありました。
失業保険がらみの政策みたいだから、
非正規雇用者だったり雇用保険に入ってくれない所で働いていた場合はダメそう。
お役所の免除や補助って、一部の方に手厚くなってしまって、
まんべんなくというのは難しいのだろうなぁ。



お役所の一角で、国民年金の免除申請する方用に、特別窓口が出ていました。
人数が増えていて、いつもの場所では対応できないみたい。
なんだかなぁ・・・と思いながら横を通り抜けました。



自営業だとこの2~3ヶ月売上がないぐらいでは、免除申請できないよね。
実際に、それくらいのことでそんな面倒なことしないだろうな。
確定申告をするまでは、所得はわからないから、
いろんな補助を受けたいと思っても手続きできないことも多そう。



納税ができなくなればもらえるものももらえなくなるわけで、
なんだか、お金が回らなくなる怖さを感じてしまいましたわ。



自転車操業でもいいから、お金を回し続けていけるように、
旦那さまにはがんばってもらうしかありませんねぇ。













スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None