月末ですね~。
集金や支払いが多くなりますが、
先日わが家では小切手の取り扱いでバタバタとしていました。



小切手で集金することは、たま~に。
わが家は当座口座を持っていないし、小切手もつかいません。



相変わらず自転車操業のようで、
小切手を受け取ったらすぐに換金して、別の支払いに当てることになりました。



すぐに換金したい場合は、小切手を発行している銀行に行くのですが、
裏書(裏に押す会社印)で疑問点が。


小切手を受け取ったら裏側に自分の会社の印を押して換金すればいいと思うのですが、旦那さまは小切手を書いてくれた先方に会社印を押してもらうのでは?というの。



私はお勤め時代に小切手を扱っていたことがありますが、
必ず「銀行渡し」の二重線を表に引いて、裏側に自分の会社の印を押してから銀行に預けるというマニュアル通りのことしかしたことがありません。



小切手を発行してくれた会社に裏側に印を押してもらうの?って疑問に思ったけど、どうもそういう方法もあるみたいで、先方の会社の方も、そう求められることがあるらしい。



なんともよく分からないけれど、そんなにすぐに必要ならばと現金で支払ってくれることになりました。



支払いが忙しかったので、旦那さまが小切手を集金してきたら、すぐに私が銀行に行って換金して、支払先に振り込むことになっていたの。


小切手を換金するために、チョッと遠い信用金庫に行く事になっていたので、現金で集金できて手間が減りました。


小切手の疑問点は解決してないけど、小切手で集金するのはたまにのことだから、別に追及しなくてもいいかなぁっと(笑)。



自転車操業を止めれば、小切手の換金でバタバタすることもないのにね~。自転車操業から脱却するのって難しいようです。ドカンともうかる仕事というのも今のご時勢内ですものね。



自転車操業ではありますが、お金を回せただけでも良しとしましょうか。

スポンサードリンク

 タグ
None