先日テレビを見ながら、商売(自営業)について考えさせられました。



その番組は有吉さんが司会で、松本伊代さんとご主人ヒロミさんが登場していたの。ヒロミさんは実業家としてジムやスパを経営して成功しています。



そのヒロミさんが経営の大変さについて言っていて、人を使う難しさと在庫を持つリスクに触れていました。バラエティ番組なのでサラッと流されていましたけど、人を使う難しさというのは、ヒロミさんにとっては本当に面倒なようで言葉の感じが物語っていました。



私も大好きな樫木さん。ヒロミさんのジムに所属していたけど、独立されたようです。





スタッフを数名連れて独立されたそうなので、決して「すべて円満に!」という感じにはならなかったと推測されます。


円満に独立されたとしても、芸能人ですとマスコミに取り上げられたりして、あらぬうわさが立ったりと面倒なことも多そうです。


人を使う難しさは、こういったトラブルもそうですが、人件費がかかるというのも大きな負担です。売り上げにかかわらず人件費はかかりますから。


ヒロミさんはオリジナルのガードルを開発をされていました。こういった商品を扱うと、在庫が生じてきます。オリジナルですから返品も出来ないでしょうし、かなりのLOTを生産して、すべて在庫として管理することになりそうです。在庫が大きいというのも商売にとっては大きなリスクです。買うのにもお金がかかるし、保管するのにもお金がかかりますからね。



こういった商売をしているヒロミさんが「芸能人が一番いい。人も在庫もいらないから」と言ったことを何度か口にしていました。商売が成功しているのを謙遜して言っている可能性もありますが、人件費と在庫管理が難しいというのは本心の言葉だと思います。



わが家は自営業をはじめて15年ほどになりますが、決して商売をしていくのに恵まれた時代ではありませんでした。それでも15年も続けてこれたのは、夫が一人でやっている一人親方であること。お店のように在庫を仕入れて置いておく必要がなく、注文が入ってから商品を仕入れられるということがあります。



さらに、事務所や倉庫を別に借りているわけではなく、自宅と一緒になっているので、自営業の経費が低く抑えられるというのも大きいとかな。



リストラや失業で自営業を選ばれる方も増えていますが、長く続ける秘訣は、いかに初期費用を安く抑えて、小さく経営していくかだと思います。



長く続けるコツと成功するコツはまったくの同一ではないのですが(笑)、結果が出るまでにはある程度時間が必要なので、それまで続けられるように、持ちこたえなければなりません。



「夫や婚約者が自営業を始めたいと言っているので」と私のブログやサイトへ来てくれる方がいらっしゃいます。メインサイトのほうで、そういった方へのアドバイスとなるような記事が書きたいなぁと思っているところです。



まずは、目の前の確定申告をなんとかしないとね。昨日たのんだソフトが今届いたので、午後からはインストールと設定をしてみようと思います。







スポンサードリンク

 タグ
None