スポンサーサイト

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None

■応援ありがとうございます。更新の励みになります■
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

■自営業家庭のマネーサイトを運営しています■
 >> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理

自営業妻の皆さん!小規模企業共済には加入していますか?

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
わが家は小規模企業共済に加入しています。小規模企業共済は国が運営する自営業者のための退職金制度です。掛金が全額所得控除になるので、節税効果もあります。


わが家は月2万円ではじめましたが、たった3ヶ月で月1万円に減額しました(苦笑)。


節税になるからと私が無理やりはじめたのですが、夫はすっかり小規模企業共済のことは忘れているようです。なんの引き落としなのか分かっていないみたい。困ったもんです。


先月届いたお知らせを見たら48万円納付していました。

140422-4.jpg


うちの夫はあればあるだけ使ってしまうので、月々1万円でもはじめておいてよかったなぁと思います。48万円では退職金には程遠いですけどね。

スポンサードリンク

小規模企業共済は退職金の準備だけでなく、節税対策としてもメリットが大きいです。


わが家は月々1万円の掛金で、月払いをしています。まとまったお金が用意できるようなら、1年分前払いをすることができます。その前払いした掛金も全額所得控除になるのです。


掛金は月7万円がMAXなので、1年分前払いすると84万円ですよ。84万円も所得控除できたら、所得税はかなり節税できますよね。


節税できる金額が知りたい方は、公式サイトにシュミレーションが載っていますよ。


わが家の場合はですねぇ。そもそも84万円もまとまったお金が用意できません。月1万円もやっと払っている状況ですし。月払いだから続けていけているのです。


こういう節税技はお金の意識が高い方でないと、実行するのは難しい。こうやって、お金のスキルがあるひととない人の差が開いていくのだと、身にしみて感じます。


自営業だと将来が不安ですよね。私も自営業妻になりたての頃は不安で不安で仕方ありませんでした。最近は慣れてきましたけど。


掛金が払えるか心配だからはじめられないと思うかも知れませんが、1000円でも5000円でも一歩踏み出すことが大切だと感じます。私もあの時はじめておいてよかった!夫には賛成してもらえなくて、無理やりでしたけどね。その夫はいい具合に、小規模企業共済のことは忘れてくれましたし(笑)。


これからも、自動的にこつこつと退職金がたまっていきますように!


>> 小規模企業共済の公式サイト


メインサイトにも小規模企業共済の記事があったので、加筆修正してみました。

>> メインサイトの小規模企業共済の記事


***

コメントを下さった、てみサンへ
お返事代わりにブログ記事にしてみました。メインサイトも参考にしてくださ~い。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None

■応援ありがとうございます。更新の励みになります■
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

■自営業家庭のマネーサイトを運営しています■
 >> 家族を幸せにする自営業家庭の家計管理

コメント (2)

たろーサンヘ

はじめまして。
わが家はまだ48万円ですから破綻リスクを感じるほどの金額ではないのですが(笑)。金額が増えていくと気になりますよね。私はどんなことにもリスクはあるので、分散することしかないと感じています。小規模企業共済は下ろしにくいから、運転資金には向きませんし。上手く分散して将来に備えられるといいですね。
コミィ URL 2014-04-23 15:39

No title

はじめまして。独身フリーランスです。小規模企業共済には興味があるのですが、破綻リスクはどのように考えていますか?国民年金もどうなるか分からないと言われているのでちょっと心配です。
たろー URL 2014-04-22 15:40

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ

トラックバック (0)

Copyright © 旦那様は自営業 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。