わが家では3番目チャンの学資保険代わりに、生命保険を検討していました。低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりにする方法です。

140515-1.jpg


店舗型や訪問型の保険相談で、いくつか保険料を計算していただいて、検討していました。コレは!と思うプランを提案してもらえたので、T生命の終身保険に加入することに決めました。

年払いを選んだら、初回の保険料は振込みしてくださいとのことだったので、早速3番目チャンをつれて信用金庫に行ってきました。

スポンサードリンク

◆保険料は子供用の積立から支払いました



振り込み手数料は保険会社が負担してくれるとのことだったので、手数料の高い信用金庫からそのまま振込しちゃいました(笑)。自分で手数料を負担する場合にはネットバンクを利用しています。私の場合、新生銀行と住信SBI銀行を利用すると無料になります。

>> メインサイトの記事「ヘソクリ口座はネットバンク3社」


保険料は年払いで133030円でした。コレは、こども手当てなどを積立している3番目チャン用の口座から支払いました。わが家は子供の名前でそれぞれ信用金庫に口座を作っています。子供名義の場合にはカードは発行できないので、お金を下ろすときには窓口に行かなければなりません。


窓口に行ったついでに、その場で振込をお願いしました。窓口で振込をたのむと手数料が高いのかしら。先方が払ってくれるので気にしなかったけど。いつも、わが家は振り込み手数料を差っぴかれて売掛金が入金されるので、たまにはお返ししないとね(お返しする相手が間違っていますが・笑)

140606-1.jpg

出産祝にいただいたお金や市からもらった第3子以降のお祝い金、こども手当てなどをこつこつと貯めて、261009円貯まっていました。ここから、133030円を振り込みしました。

来年からは契約者である私の口座から引き落としになるので、3番目チャン口座からピッタリの金額を引き出して自分の口座に移したいと思っています。

こども手当てを子供名義の口座に振り分けるときに、自分の口座に直接入れてしまえば手間は省けますが、一度は3番目チャンの口座に入れておいて、年に一度まとめて私の口座にお金を移動させる予定です。お金の流れが分かるように通帳に印字を残したいと思ってのことです。

◆子供達にお金について考える機会を作りたい


私が信用金庫に子供名義の口座を作っているのは、子供たちにお金のことをしっかりと考えてもらいたいからです。手間を考えれば、住信SBI銀行の目的別口座を活用して3人の子供のお金を管理するのが便利です。1度の入金ですみますし、自宅のパソコンで振り分けできますからね。

でも、わざわざ信用金庫に、一人ひとりに通帳を作っています。この通帳を見て、長い間をかけてこつこつ貯めたお金であることを実感してくれるかしら? 

浪費家の夫と暮らしてみて、子供にはしっかりとお金の価値観や使い方など、考えるきっかけを与えていきたいと思っています。もって生まれた気質もあるのでしょうが、親が教えられる部分は大きいと思います。私たちはお金の話をするのが苦手ですよね。お金の話を細かくするのは恥ずかしいと感じる人も多いはずです。

でも子供のことを考えれば、やはりお金の話は正面からしっかりと教えたいですよね。この通帳を見せながら、いろんな話が出来るようになるといいと思って、面倒ですがお金の出入りが分かりやすくなるようにメモをしたり分けて入金したりしています。

実は6歳になる長男はお正月にもらったお年玉を私に渡すのを嫌がったの。コレでいろんなものが買えることを知ってしまったのですね(笑)。お金を使うことも勉強になるので、5000円を手元に残して、残りのお金は「ママが将来のために貯金します」と説明し、通帳を見せました。

通帳を見て納得したか、残りのお年玉は私に預けてくれました。夫の手前、長男の通帳に100万円近いお金があることは隠しておきたかったですが、やはり子供にはしっかりと教えたいと思ったのでオープンに見せました。コレで何かを感じてもらえたらと思っています。

子供ごとに通帳を作るメリットは子供のお金の勉強のためだけでなく、浪費家の夫には抑止力になるのではとも思います。運転資金にチョット借りたいなぁと思うことがこれからあったとしても、通帳の子供の名前を見て思いとどまってくれるのでは?と思うからです。

子供たちにお金について教えながら、夫もお金について考えるようになればいいのになぁ。やっぱり、長男の口座に約100万円があるのは自営業家庭では危険なので、使いにくくする方法を検討したほうがいいかも(苦笑)。夫には隠したいが子供には教えたいのよね。お金の勉強って複雑です。




 
■私は保険マンモスさんで保険で見直しをしました。大手さんだし、地方にも対応してくれて安心してたのめましたよ。



保険マンモスさんは色々なルートで広告を出していますが、楽天ポイントが6000円分もらえる広告を見つけたので紹介しておきます。


↓ こちらのリンクから申し込むと楽天ポイント6000円分がもらえます。








■私が保険の見直しをしたときのことはこちらでまとめています。



>> 保険相談の記事へ 


※全部で5ページもあるので興味のある方は読んでみて下さい。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None